助動詞 存続のり 接続意味活用

助動詞 存続のり 接続意味活用

助動詞 存続のり 接続意味活用

助動詞 存続のり 接続意味活用


古典文法の助動詞で、存続の助動詞「り」の解説です。助動詞「り」の意味・接続・活用を、学習します。

助動詞(じょどうし)とは、用言の後におき、意味を追加する品詞です。助動詞「り」は、存続(そんぞく)の意味を、追加します。

例えば、動詞「行く」の後に、助動詞「り」をおくと、「行けり」となり、存続の意味が、追加されます。「行けり」は、現代日本語では「行っている」と訳します。



助動詞は、接続します。接続(せつぞく)とは、前にある言葉に影響して、相手の活用語尾を変化させることです。

例えば、四段活用動詞「行く」の後に、助動詞「り」をおくと、「行けり」となり、「行く」が已然形に変化します。助動詞「り」は、「四活用動詞の已然形+サ行変格活用動詞の未然形」にしか接続しない特殊接続型です。



助動詞は、活用します。助動詞「り」は、「ら」「り」「り」「る」「れ」「れ」と、活用します。助動詞「り」の活用は、ラ変型活用です。




【古文助動詞 り 活用表】


活用形語幹活用語尾識別方法
未然形ずを付ける
連用形てを付ける
終止形。を付ける
連体形物を付ける
已然形ばを付ける
命令形!を付ける


古典日本語の助動詞「り」は、現代日本語では助動詞「た」へと、継承されました。




プロ家庭教師の古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。


【科目】


古文(古典)


【領域】


古文文法(こぶんぶんぽう)


【対応カリキュラム】


公立中学高校古典+大学受験古典


【教材プリントダウンロード 小テスト用】


古文小テスト 無料ダウンロード 一覧


【対象生徒】


大学受験生(国公立高校生+私立中高一貫校生)
高校受験生



【プロ家庭教師 依頼可能】


古文の文法対策講座を、プロ家庭教師に指導依頼できます。

スポンサーさん

助動詞 存続のり 意味


存続の助動詞「」は、状態が継続しているという意味が中心にあります。

例えば「木、立てり」とあれば、「木が立って、そのままずっと立ち続けている」という意味です。過去のある状態が、現在まで継続しています。

助動詞「り」と、助動詞「たり」は、ほぼ同じ意味で用いています。



【助動詞 存続のり 用法】



四段動詞動詞+助動詞り意味
行く行け行っている
咲く咲け咲いている
申す申せ申している
持つ持て持っている
呼ぶ呼べ呼んでいる
包む包め包んでいる
移る移れ移っている
サ変動詞動詞+助動詞り意味
ている
感ず感ぜ感じている


古典日本語の存続の助動詞「り」は、現代日本語では、助動詞「た」へと継承されました。

助動詞 存続のり 接続

助動詞 存続のり 接続

助動詞 存続のり 接続




【古文の助動詞入門】


古文の助動詞は、接続します。接続(せつぞく)とは、前にある言葉に影響して、相手の活用語尾を変化させることです。

助動詞「り」は、「サ行変格活用動詞の未然形+四活用動詞の已然形」にしか接続しない特殊接続型です。

例えば、サ変活用動詞「す」の後に、助動詞「り」をおくと、「せり」となり、「す」が未然形に変化します。

例えば、四段活用動詞「行く」の後に、助動詞「り」をおくと、「行けり」となり、「行く」が已然形に変化します。

助動詞「り」は、接続が「サ未四已(さみしい)」と、語呂合わせで覚えます。



接続は、用言(動詞・形容詞・形容動詞)にはなく、助動詞助詞にあります。



助動詞の接続 まとめ


接続助動詞
未然形接続らるさすむずましまほし
連用形接続けりたりけむたし
終止形接続まじめりなりらむらしベし
連体形接続なりたりごとし
特殊接続


いきなり覚えようとすると、お腹が一杯になってしまいますね。この表はあくまで参考として、助動詞は1つ1つ習得していくのがコツです。




【助動詞なり 2種類ある】


助動詞の「なり」は2種類あります。終止形接続のなり(推定のなり)と、連体形接続のなり(断定のなり)があります。


助動詞 存続のり 識別

助動詞 存続のり 識別

助動詞 存続のり 識別




【古文の助動詞入門】


助動詞「り」には、簡単な識別方法があります。助動詞「り」は「必ずエ段音に接続」と覚えてください。


助動詞「り」は、「サ変動詞の未然形」か「四段活用動詞の已然形」に接続しますが、これらはすべてエ段音に接続しています。

サ行変格活用動詞の未然形+り=+り=エ段音+り

四段活用動詞の已然形=行け+り=エ段音+り


助動詞 存続のり 活用

助動詞 存続のり 活用

助動詞 存続のり 活用



古文の助動詞「り」は、活用します。活用と接続は、まったく別物なので、注意しましょう。

古文の助動詞「り」の活用は、以下です。


【古文助動詞 り 活用表】


活用形語幹活用語尾識別方法
未然形ずを付ける
連用形てを付ける
終止形。を付ける
連体形物を付ける
已然形ばを付ける
命令形!を付ける




らむの識別



【らむの識別 まとめ】


「らむ」の識別問題が、よく出題されます。


1:形容詞+助動詞「む」。例えば、「おかしからむ」の「おかしから+む」。形容詞の語幹で、識別します。

2:動詞+助動詞「り」+助動詞「む」。例えば、「行けらむ」の「行け+ら+む」。四段動詞の已然形か、サ変動詞の未然形で、識別します。

3:動詞+助動詞「む」。例えば、「去らむ」の「去ら+む」。動詞の未然形で、識別します。

4:動詞+助動詞「らむ」。例えば、「去るらむ」の「去る+らむ」。動詞の終止形で、識別します。


助動詞 り 問題




【助動詞の接続】


次の助動詞27個を、接続によって分類しなさい。

たり / らる / まほし / ごとし / なり / らし / けり / たし / さす / つ / まし / けむ / らむ / じ / き / たり / めり / むず / ず / ベし / す / り / る / む / なり / ぬ / まじ


接続助動詞
未然形接続     
連用形接続     
終止形接続     
連体形接続     
特殊接続     





【助動詞り 接続 まとめ】


以下の動詞に、存続の助動詞「り」を接続しなさい。

四段動詞動詞+助動詞り意味
行く          
咲く          
申す          
持つ          
呼ぶ          
包む          
移る          
サ変動詞動詞+助動詞り意味
          
感ず          






【助動詞り 活用形の識別】


以下の各文のうち、助動詞「り」の活用形を、書きなさい。


なんじ、求め行けり。        

何とも思へらず。        

彼の人、死せり。        

花、咲ける時        

花、咲けりて        

翁の申せること        

人の言へれば        

雨の、降れらば        

雨の、降れれば        

なんじ、求め行けらむ。        

富める人なり。        

酒、飲し給へれ。        





【助動詞り 現代日本語訳】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:花、咲ける時、会ひけり。
現代:     

古文:風月の才(ざえ)に、富める人なり。
現代:     

古文:夢にも、思へらず。
現代:     

古文:月を見ることなど、せり。
現代:     

古文:立てる人どもは、装束の清らなること、物にも似ず。
現代:     

古文:やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞ、なれりける。
現代:     

---古今和歌集 仮名序---




【らむの識別 文法知識】


以下の古文について、文法的に説明しなさい。


あるらむ。

「あるらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


侍らむ。

「侍らむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


寒からむ。

「寒からむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


寒かるらむ。

「寒かるらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


行くらむ。

「行くらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


行けらむ。

「行けらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


知れらむ。

「知れらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


すらむ。

「すらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。


せらむ。

「せらむ」は、品詞は     で、活用形は     です。現代語訳は「     」となります。

助動詞 り 解答解説




【助動詞の接続】


次の助動詞27個を、接続によって分類しなさい。

たり / らる / まほし / ごとし / なり / らし / けり / たし / さす / つ / まし / けむ / らむ / じ / き / たり / めり / むず / ず / ベし / す / り / る / む / なり / ぬ / まじ


接続助動詞
未然形接続る・らる・す・さす・む・ず・むず・じ・まし・まほし
連用形接続き・けり・つ・ぬ・たり・けむ・たし
終止形接続まじ・めり・なり・らむ・らし・ベし
連体形接続なり・たり・ごとし
特殊接続





【助動詞り 接続 まとめ】


以下の動詞に、存続の助動詞「り」を接続しなさい。

四段動詞動詞+助動詞り意味
行く行けり行っている
咲く咲けり咲いている
申す申せり申している
持つ持てり持っている
呼ぶ呼べり呼んでいる
包む包めり包んでいる
移る移れり移っている
サ変動詞動詞+助動詞り意味
せりしている
感ず感ぜり感じている






【助動詞ぬ 活用形の識別】


以下の各文のうち、助動詞「り」の活用形を、書きなさい。


なんじ、求め行けり。   終止

何とも思へらず。   未然

彼の人、死せり。   終止

花、咲ける時   連体

花、咲けりて   連用

翁の申せること   連体

人の言へれば   已然

雨の、降れらば   未然

雨の、降れれば   已然

なんじ、求め行けらむ。   未然

富める人なり。   連体

酒、飲し給へれ。   命令





【助動詞り 現代日本語訳】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:花、咲ける時、会ひけり。
現代:花が、咲いている時に、会ったそうだ。

古文:風月の才(ざえ)に、富める人なり。
現代:教養と風流心が、豊かな人である。

古文:夢にも、思へらず。
現代:夢にも、思っていなかった。

古文:月を見ることなど、せり。
現代:月を見ることなどを、していた。

古文:立てる人どもは、装束の清らなること、物にも似ず。
現代:立っている人間たちは、衣装の美しいこと、他の何者にも似ていない。

古文:やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞ、なれりける。
現代:和歌は、人の心を種として、無数の言の葉へと、なっていたようだ。

---古今和歌集 仮名序---





【らむの識別 文法知識】


以下の古文について、文法的に説明しなさい。


あるらむ。

「あるらむ」は、品詞は動詞「あり」+助動詞「らむ」で、活用形は動詞「あり」が連体形で、助動詞「らむ」が終止形です。現代語訳は「あるようだ」となります。


侍らむ。

「侍らむ」は、品詞は動詞「侍り」+助動詞「む」で、活用形は動詞「侍り」が未然形で、助動詞「む」が終止形です。現代語訳は「おそばにいたい」となります。


寒からむ。

「寒からむ」は、品詞は形容詞「寒し」+助動詞「む」で、活用形は形容詞「寒し」が未然形で、助動詞「む」が終止形です。現代語訳は「寒いようだ」となります。


寒かるらむ。

「寒かるらむ」は、品詞は形容詞「寒し」+助動詞「らむ」で、活用形は形容詞「寒し」が連体形で、助動詞「らむ」が終止形です。現代語訳は「寒いようだ」となります。


行くらむ。

「行くらむ」は、品詞は動詞「行く」+助動詞「らむ」で、活用形は動詞「行く」が終止形で、助動詞「らむ」が終止形です。現代語訳は「行くようだ」となります。


行けらむ。

「行けらむ」は、品詞は動詞「行く」+助動詞「り」+助動詞「む」で、活用形は動詞「行く」が已然形で、助動詞「り」が未然形で、助動詞「む」が終止形です。現代語訳は「行ってしまったようだ」となります。


知れらむ。

「知れらむ」は、品詞は動詞「知る」+助動詞「り」+助動詞「む」で、活用形は動詞「知る」が已然形で、助動詞「り」が未然形で、助動詞「む」が終止形です。現代語訳は「知ってしまったようだ」となります。


すらむ。

「すらむ」は、品詞は動詞「す」+助動詞「らむ」で、活用形は動詞「す」が終止形で、助動詞「らむ」が終止形です。現代語訳は「するようだ」となります。


せらむ。

「せらむ」は、品詞は動詞「す」+助動詞「り」+助動詞「む」で、活用形は助動詞「す」が未然形で、助動詞「り」が未然形で、助動詞「む」が終止形です。現代語訳は「してしまったようだ」となります。



似ている記事
スポンサーさん