動詞の活用 小テスト問題解答2 ダウンロード

動詞の活用 小テスト問題解答2 ダウンロード

動詞の活用 小テスト問題解答2 ダウンロード

動詞の活用 小テスト問題解答2 ダウンロード


古文の小テストで、動詞の活用(どうしのかつよう)の問題解答ダウンロードです。

オンライン学習用で、生徒・保護者・教員・家庭教師のために無料ダウンロードを提供します。



プロ家庭教師の古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。


【科目】


古文(古典)


【領域】


古文文法(こぶんぶんぽう)


【対応カリキュラム】


公立中学高校古典+大学受験古典


【教材プリントダウンロード 小テスト用】


小テスト 動詞の活用 問題ダウンロード

小テスト 動詞の活用 解答ダウンロード



【対象生徒】


大学受験生(国公立高校生+私立中高一貫校生)
高校受験生



【プロ家庭教師 依頼可能】


古文の文法対策講座を、プロ家庭教師に指導依頼できます。

スポンサーさん

動詞の活用 小テスト問題2 ダウンロード



【小テスト 動詞の活用 問題】


以下の古文のうち、下線部の動詞の「活用の種類」と「活用形」を、解答用紙に記入しなさい。

昔、成村と (0) いふ相撲 (1) ありけり。

時に、国々の相撲ども、上り集まりて、相撲節待ちけるほど、朱雀門に (2) 集まりて、涼みけるが、そのへん遊びゆくに、

大学の東門を (3) 過ぎて、南ざまにゆかんと (4) けるを、

大学の衆どもも、あまた東の門に (5) 出でて、涼みて立てりけるに、この相撲どもの (6) 過ぐるを、通さじとて、

「鳴り制せん。鳴り高し」と言ひて、たちふたがりて、通さざりければ、

さすがにやごつなき所の衆どものすることなれば、破りてはえ通らぬに、

丈低らかなる衆の、冠・うへのきぬ、異人よりはすこしよろしきが、中にすぐれて出で立ちて、いたく制するがありけるを、成村は見つめてけり。

成村、「尻 (7) 蹴よ」と言ひつる相撲に、目をくはせければ、この相撲、人より丈高く大きに、若く勇みたるをのこにて、くくり高やかにかき上げて、さし進み、歩み寄る。

それに続きて、この相撲も、ただ通りに通らんとするを、かの衆どもも、通さじとするほどに、尻蹴んとする相撲、かくいふ衆に走りかかりて、蹴倒さんと、足をいたくもたげるを、

この衆は、目をかけて、背をたはめてちがひければ、蹴はづして、足の高くあがりて、のけざまになるやうにしたる足を、大学の衆とりてけり。

その相撲を、ほそき杖などを人の持ちたるやうに、ひきさげて、かたへの相撲に、走りかかりければ、

それを見て、かたへの相撲 (8) 逃げけるを、追ひかけて、その手にさげたる相撲をば投げければ、ふりぬきて、二三段ばかり投げられて、倒れ伏しにけり。


我を追ひける大学の衆、あさましく力ある者にてぞありけるなめり。

尻蹴つる相撲をも、人杖に (9) つかひて、投げくだくめり。世の中ひろければ、かかる者のあるこそ恐ろしき事なれ。

投げられたる相撲は (10) 死に入りたりければ、物にかきいれて、になひてもてゆきけり。



---宇治拾遺物語 三十一話 成村強力の学士に逢う---




【小テスト 動詞の活用 解答用紙】


番号動詞活用の種類活用形
0いふ    活用    
1あり    活用    
2集まり    活用    
3過ぎ    活用    
4    活用    
5出で    活用    
6過ぐる    活用    
7蹴よ    活用    
8逃げ    活用    
9つかひ    活用    
10死に    活用    



動詞の活用 小テスト解答2 ダウンロード



【小テスト 動詞の活用 問題】


以下の古文のうち、下線部の動詞の「活用の種類」と「活用形」を、解答用紙に記入しなさい。

昔、成村と (0) いふ相撲 (1) ありけり。

時に、国々の相撲ども、上り集まりて、相撲節待ちけるほど、朱雀門に (2) 集まりて、涼みけるが、そのへん遊びゆくに、

大学の東門を (3) 過ぎて、南ざまにゆかんと (4) けるを、

大学の衆どもも、あまた東の門に (5) 出でて、涼みて立てりけるに、この相撲どもの (6) 過ぐるを、通さじとて、

「鳴り制せん。鳴り高し」と言ひて、たちふたがりて、通さざりければ、

さすがにやごつなき所の衆どものすることなれば、破りてはえ通らぬに、

丈低らかなる衆の、冠・うへのきぬ、異人よりはすこしよろしきが、中にすぐれて出で立ちて、いたく制するがありけるを、成村は見つめてけり。

成村、「尻 (7) 蹴よ」と言ひつる相撲に、目をくはせければ、この相撲、人より丈高く大きに、若く勇みたるをのこにて、くくり高やかにかき上げて、さし進み、歩み寄る。

それに続きて、この相撲も、ただ通りに通らんとするを、かの衆どもも、通さじとするほどに、尻蹴んとする相撲、かくいふ衆に走りかかりて、蹴倒さんと、足をいたくもたげるを、

この衆は、目をかけて、背をたはめてちがひければ、蹴はづして、足の高くあがりて、のけざまになるやうにしたる足を、大学の衆とりてけり。

その相撲を、ほそき杖などを人の持ちたるやうに、ひきさげて、かたへの相撲に、走りかかりければ、

それを見て、かたへの相撲 (8) 逃げけるを、追ひかけて、その手にさげたる相撲をば投げければ、ふりぬきて、二三段ばかり投げられて、倒れ伏しにけり。


我を追ひける大学の衆、あさましく力ある者にてぞありけるなめり。

尻蹴つる相撲をも、人杖に (9) つかひて、投げくだくめり。世の中ひろければ、かかる者のあるこそ恐ろしき事なれ。

投げられたる相撲は (10) 死に入りたりければ、物にかきいれて、になひてもてゆきけり。



---宇治拾遺物語 三十一話 成村強力の学士に逢う---




【小テスト 動詞の活用 解答用紙】


番号動詞活用の種類活用形
0いふ四段活用連体
1ありラ行変格活用連用
2集まり四段活用連用
3過ぎ上二段活用連用
4サ行変格活用連用
5出で下二段活用連用
6過ぐる上二段活用連体
7蹴よ下一段活用命令
8逃げ下二段活用連用
9つかひ四段活用連用
10死にナ行変格活用連用



似ている記事
スポンサーさん