助動詞 完了のぬ 意味接続活用

助動詞 完了のぬ 意味接続活用

助動詞 完了のぬ 意味接続活用

助動詞 完了のぬ 意味接続活用


古典文法の助動詞で、完了の助動詞「ぬ」の解説です。助動詞「ぬ」の意味・接続・活用を、学習します。

助動詞(じょどうし)とは、用言の後におき、意味を追加する品詞です。助動詞「ぬ」は、完了の意味を、追加します。

例えば、動詞「行く」の後に、助動詞「ぬ」をおくと、「行きぬ」となり、完了の意味が、追加されます。「行きぬ」は、現代日本語では「行ってしまった」と訳します。



助動詞は、接続します。接続(せつぞく)とは、前にある言葉に影響して、相手の活用語尾を変化させることです。

例えば、動詞「行く」の後に、助動詞「ぬ」をおくと、「行きぬ」となり、「行く」が連用形に変化します。前の言葉を連用形にするので、助動詞「ぬ」は、連用形接続(れんようけいせつぞく)と呼びます。



助動詞は、活用します。助動詞「ぬ」は、「な」「に」「ぬ」「ぬる」「ぬれ」「ね」と、古典日本語ではナ行変格型活用をします。




【古文 助動詞ぬ 活用表】


活用形語幹活用語尾識別方法
未然形ずを付ける
連用形てを付ける
終止形。を付ける
連体形ぬる物を付ける
已然形ぬればを付ける
命令形!を付ける


古典日本語の助動詞「ぬ」は、現代日本語では助動詞「しまった」へと、継承されました。




プロ家庭教師の古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。


【科目】


古文(古典)


【領域】


古文文法(こぶんぶんぽう)


【対応カリキュラム】


公立中学高校古典+大学受験古典


【教材プリントダウンロード 小テスト用】


古文小テスト 無料ダウンロード 一覧


【対象生徒】


大学受験生(国公立高校生+私立中高一貫校生)
高校受験生



【プロ家庭教師 依頼可能】


古文の文法対策講座を、プロ家庭教師に指導依頼できます。

スポンサーさん

助動詞 完了のぬ 意味


助動詞「」は、完了(かんりょう)の意味が中心にあります。

そして、目の前で起きた事件について、強調の意味を持つ場合もあります。

どちらの意味でも「してしまった」と現代語訳すれば、大丈夫です。




【助動詞 完了のぬ 用法】


動詞動詞+助動詞ぬ意味
行く行き行ってしまった
咲く咲き咲いてしまった
見るてしまった
形容詞形容詞+助動詞ぬ意味
おかしおかしかり趣深かっ
わびしわびしかりわびしかっ
とくとかり速かっ
形容動詞形容動詞+助動詞ぬ意味
なのめなりなのめなりいい加減だっ
自然たり自然たり自然だっ



古典日本語の助動詞「ぬ」は、現代日本語では助動詞「しまった」へと、継承されました。

助動詞 完了 つ ぬ 違い



【助動詞 つ ぬ 違い】


完了の助動詞には「つ」と「ぬ」の2種類があります。

助動詞「つ」は、他動詞に用いられやすく、自分の意志で完了するという意味があります。現代日本語では「し終わる」という言葉に近いです。

助動詞「ぬ」は、自動詞に用いられやすく、自然の成行で完了するという意味があります。現代日本語では「しちゃう」という言葉に近いです。


助動詞意味例文
意志で完了傘広げつ 旗振りつ
成行で完了雨降りぬ 風立ちぬ




古文の助動詞入門

古文の助動詞入門

古文の助動詞入門




【古文の助動詞入門】


古文の助動詞は、接続します。接続(せつぞく)とは、前にある言葉に影響して、相手の活用語尾を変化させることです。

例えば、助動詞「ぬ」は、連用形に接続します。

動詞「行く」の後に、助動詞「ぬ」をおくと、「行きぬ」となり、「行く」が連用形に変化します。前の言葉を連用形にするので、助動詞「ぬ」は、連用形接続(れんようけいせつぞく)と呼びます。


例えば、助動詞「べし」は、終止形に接続します。

動詞「行く」の後に、助動詞「べし」をおくと、「行くべし」となり、「行く」が終止形に変化します。前の言葉を終止形にするので、助動詞「べし」は、終止形接続(しゅうしけいせつぞく)と呼びます。


接続は、用言(動詞・形容詞・形容動詞)にはなく、助動詞助詞にあります。



助動詞の接続 まとめ


接続助動詞
未然形接続らるさすむずましまほし
連用形接続けりたりけむたし
終止形接続まじめりなりらむらしベし
連体形接続なりたりごとし
特殊接続


いきなり覚えようとすると、お腹が一杯になってしまいますね。この表はあくまで参考として、助動詞は1つ1つ習得していくのがコツです。



【助動詞なり 2種類ある】


助動詞の「なり」は2種類あります。終止形接続のなり(伝聞推定のなり)と、連体形接続のなり(断定のなり)があります。



【助動詞り 特殊接続】


助動詞「り」は、特殊な接続をします。助動詞「り」は、「サ変動詞に未然形接続」か「四段動詞に已然形接続」します。

動詞動詞+助動詞り接続
サ変動詞 具す具せり未然形接続
四段動詞 行く行けり已然形接続


助動詞「り」は、接続が「サ未四已(さみしい)」と、語呂合わせで覚えます。

助動詞 完了のぬ 接続

助動詞 完了のぬ 接続

助動詞 完了のぬ 接続




【助動詞ぬ 接続】


古文の助動詞「ぬ」は、連用形に接続します。

動詞「行く」の後に、助動詞「ぬ」をおくと、「行きぬ」となり、「行く」が連用形に変化します。前の言葉を連用形にするので、助動詞「ぬ」は、連用形接続(れんようけいせつぞく)と呼びます。


動詞「す」の後に、助動詞「ぬ」をおくと、「しぬ」となり、「す」が連用形に変化します。前の言葉を連用形にするので、助動詞「ぬ」は、連用形接続(れんようけいせつぞく)と呼びます。



【助動詞ぬ 接続 まとめ】


動詞動詞+助動詞ぬ接続
四段動詞 行く行きぬ連用形接続
上一動詞 着る着ぬ連用形接続
上二動詞 過ぐ過ぎぬ連用形接続
下一動詞 蹴る蹴ぬ連用形接続
下二動詞 出づ出でぬ連用形接続
カ変動詞 来来ぬ連用形接続
サ変動詞 すしぬ連用形接続
ナ変動詞 往ぬ往にぬ連用形接続
ラ変動詞 おりおりぬ連用形接続



助動詞 完了のぬ 活用

助動詞 完了のぬ 活用

助動詞 完了のぬ 活用



古文の助動詞「ぬ」は、活用します。活用と接続は、まったく別物なので、注意しましょう。

古文の助動詞「ぬ」の活用は、以下です。


【古文 助動詞ぬ 活用表】


活用形語幹活用語尾識別方法
未然形ずを付ける
連用形てを付ける
終止形。を付ける
連体形ぬる物を付ける
已然形ぬればを付ける
命令形!を付ける


助動詞「ぬ」の活用形は、ナ行変格型です。




【ぬの識別 まとめ】


助動詞「ぬ」の識別問題が、よく出題されます。


1:助動詞「ぬ」の終止形。例えば、「人来ぬ」の「ぬ」。終止形活用で、識別します。

2:助動詞「ず」の連体形。例えば、「人来ぬ山」の「ぬ」。連体形活用で、識別します。




【にの識別 まとめ】


助動詞「ぬ」の連用形「に」の識別問題が、よく出題されます。

1:助動詞「ぬ」の連用形。例えば、「咲きにけり」の「に」。連用形接続で、識別します。「にけり」や「にき」という助動詞の組み合わせが定番です。

2:形容動詞の連用形。例えば、「静かに聞く」の「に」。形容動詞の語幹で、識別します。




【なむの識別 まとめ】


助動詞「ぬ」の未然形「な」の識別問題が、よく出題されます。


1:助動詞「ぬ」の未然形+助動詞「む」の終止形。例えば、「行きなむ」の「な+む」。連用形接続+未然形接続の、組合せで識別します。

2:終助詞「なむ」。例えば、「行かなむ」の「なむ」。未然形接続で、識別します。

3:係動詞「なむ」。例えば、「水なむ出づる」の「なむ」。文末の係結が連体形で、識別します。



助動詞 ぬ 問題




【助動詞の接続】


次の助動詞27個を、接続によって分類しなさい。

たり / らる / まほし / ごとし / なり / らし / けり / たし / さす / つ / まし / けむ / らむ / じ / き / たり / めり / むず / ず / ベし / す / り / る / む / なり / ぬ / まじ


接続助動詞
未然形接続     
連用形接続     
終止形接続     
連体形接続     
特殊接続     





【助動詞ぬ 接続 まとめ】


以下の動詞に、助動詞「ぬ」を接続しなさい。

動詞動詞+助動詞ぬ接続
四段動詞 行く     連用形接続
上一動詞 着る     連用形接続
上二動詞 過ぐ     連用形接続
下一動詞 蹴る     連用形接続
下二動詞 出づ     連用形接続
カ変動詞 来     連用形接続
サ変動詞 す     連用形接続
ナ変動詞 往ぬ     連用形接続
ラ変動詞 おり     連用形接続






【助動詞ぬ 活用形の識別】


以下の各文のうち、助動詞「ぬ」の活用形を、書きなさい。


なんじ、求め行きぬ。        

なんじ、求め行きにき。        

なんじ、求め行きにけり。        

なんじ、求め行きなず。        

なんじ、求め行きなむ。        

雨こそ降りぬれ。       

雨こそ降りなめ。       

翁の申しぬること        

苔(こけ)、美しかりぬ。        

雨、降りね。        

雨の、降りなば        

雨の、降りぬれば        




【助動詞ぬ 現代日本語訳】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:母、ありしが、失せにき。
現代:     

古文:雨、降りなば、花も、散りぬべし。
現代:     

古文:寝むとは、思はねど、まどろみにけり。
現代:     

古文:声をかけんとすれど、逃げにけり。
現代:     

古文:玉の緒(たまのを)よ、絶えなば、絶えね。
現代:     

古文:花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
現代:     

---小野小町(おののこまち)---





【助動詞ぬ なむの識別】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:花なむ、散る。
現代:     

古文:花、散りなむ。
現代:     

古文:花、散らなむ。
現代:     

古文:花ぞ、散りにける。
現代:     

古文:花、散りね。
現代:     

古文:花こそ、散らね。
現代:     


助動詞 ぬ 解答解説




【助動詞の接続】


次の助動詞27個を、接続によって分類しなさい。

たり / らる / まほし / ごとし / なり / らし / けり / たし / さす / つ / まし / けむ / らむ / じ / き / たり / めり / むず / ず / ベし / す / り / る / む / なり / ぬ / まじ


接続助動詞
未然形接続る・らる・す・さす・む・ず・むず・じ・まし・まほし
連用形接続き・けり・つ・ぬ・たり・けむ・たし
終止形接続まじ・めり・なり・らむ・らし・ベし
連体形接続なり・たり・ごとし
特殊接続





【助動詞ぬ 接続 まとめ】


以下の動詞に、助動詞「ぬ」を接続しなさい。

動詞動詞+助動詞ぬ接続
四段動詞 行く行きぬ連用形接続
上一動詞 着る着ぬ連用形接続
上二動詞 過ぐ過ぎぬ連用形接続
下一動詞 蹴る蹴ぬ連用形接続
下二動詞 出づ出でぬ連用形接続
カ変動詞 来来ぬ連用形接続
サ変動詞 すしぬ連用形接続
ナ変動詞 往ぬ往にぬ連用形接続
ラ変動詞 おりおりぬ連用形接続






【助動詞ぬ 活用形の識別】


以下の各文のうち、助動詞「ぬ」の活用形を、書きなさい。


なんじ、求め行きぬ。   終止

なんじ、求め行きにき。   連用

なんじ、求め行きにけり。   連用

なんじ、求め行きなず。   未然

なんじ、求め行きなむ。   未然

雨こそ降りぬれ。  已然

雨こそ降りなめ。  未然

翁の申しぬること   連体

苔(こけ)、美しかりぬ。   終止

雨、降りね。   命令

雨の、降りなば   未然

雨の、降りぬれば   已然




【助動詞ぬ 現代日本語訳】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:母、ありしが、失せにき。
現代:母が、いたが、往生してしまった。

古文:雨、降りなば、花も、散りぬべし。
現代:雨が、もし降ってしまったら、花も、散ってしまうだろう。

古文:寝むとは、思はねど、まどろみにけり。
現代:寝ようとは、思わないが、まどろんでしまったようだ。

古文:声をかけんとすれど、逃げにけり。
現代:声を掛けようとしたが、逃げてしまったようだ。

古文:玉の緒(たまのを)よ、絶えなば、絶えね。
現代:生命よ、もし絶えるのであれば、絶えてしまえ。

古文:花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
現代:私の魅力は 移ろい消えてしまったようだ 何をするでもなく 私の人生と生活が経過して 雨が降るのを眺めている間に

---小野小町(おののこまち)---





【助動詞ぬ なむの識別】


以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。


古文:花なむ、散る。
現代:花が、散るのだ。

古文:花、散りなむ。
現代:花が、散ってしまったようだ。

古文:花、散らなむ。
現代:花が、散って欲しい。

古文:花ぞ、散りにける。
現代:花が、散ってしまったのだ。

古文:花、散りね。
現代:花が、散ってしまえ。

古文:花こそ、散らね。
現代:花が、散らないのだ。


似ている記事
スポンサーさん