ハイフン(hyphen)の使い方 言葉を連結する

ハイフン(hyphen)の使い方 言葉を連結する

ハイフン(hyphen)の使い方 言葉を連結する

ハイフン(hyphen)の使い方 言葉を連結する


単語:hyphen  
意味:言葉の連結
語感どちらも フォーマル カジュアル
解説:hyphen (ハイフン) とは、英語の約物 (punctuation)の1つで、言葉同士を連結して、1語として扱います。
ハイフンの使い方1 名詞のハイフン:e-mail や ex-boyfriend のように、言葉を足し算して、1語に合成します。この場合、ハイフンを含んだ言葉は、1語の名詞と考えます。
ハイフンの使い方2 形容詞のハイフン:three-year-old boy や dog-friendly hotel のように、名詞の前に置かれる形容詞をまとめることです。
ハイフンの例外1:high school student のように、ハイフンがなくとも誤解のない場合は、ハイフンが省略されます。
ハイフンの使い方3 副詞のハイフン:副詞と形容詞を合わせて用いる場合には、副詞もハイフンでまとめます。例えば、副詞 well は well-known charのように、名詞の前で、ハイフンが形容詞と副詞を連結します。 品詞:名詞(noun)
発音ˈhaɪfən
カナ:ハイフン ハイフェン
例文:
英文:Use hyphens to connect words such as "well-known" and "family-in-law."
日文:well-known や family-in-law などの言葉を連結するために、ハイフンを使いましょう。
語源:hyphen の語源は、「1つものとして扱う」です。
派生:名詞 hyphen の派生語に、動詞 hyphenate があります。動詞 hyphenate は「ハイフンで連結する」という意味です。このような派生語は、名詞に接尾語の nate が付いて、動詞化して誕生します。他には alternate や passionate や coordinate や illuminate などがあります。
類義:compound word

スポンサーさん

hyphen ハイフン 参考文献



【科目 Subject】


英語 > 高校受験英語カリキュラム

英語 > 大学受験英語カリキュラム


【単元 Section】


英語 > 英単語帳

英語 > 英文法 グラマー(grammar)

英語 > 英語長文読解 リーディング(reading) > 教材 無料ダウンロード一覧

英語 > 英作文 ライティング(writing)


【対象生徒 Student】


高校受験生(中学1年+中学2年+中学3年)
大学受験生(国公立高校生+私立中高一貫校生)
大学生+社会人(基礎からやり直したい生徒)


プロ家庭教師の英語教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。オンライン学習用で、生徒・保護者・教員・家庭教師のために、無料ダウンロードを提供します。

似ている記事
スポンサーさん