早稲田大学 英作文 添削解説 政治経済学部 2018

早稲田大学 英作文 添削解説 政治経済学部 2018

英作文 早稲田大学 政治経済学部 添削解説 2018

英作文 早稲田大学 政治経済学部 添削解説 2018


大学受験の英語科で、プロ家庭教師による早稲田大学政治経済学部の英作文対策の講座です。

早稲田政治経済学部の入試過去問テーマを分析して、大学受験の演習用問題集にしてあります。参考書や本の代わりに、独学用の教材としても利用できます。

【自由英作文】
早稲田政治経済学部では自由英作文が出題されます。毎年、お題が与えられます。お題は政治経済分野から、注目の集まっている時事問題が中心です。語数は100words前後で、政治経済分野の言葉を用いる表現力と、意見・理由・結論などをまとめる構成力が必要です。目安時間は15分で、すばやい作業が求められます。

【例題・解答・解説・例文】
すべての出題形式に例題・解答・解説があります。解答は例文付きです。解説は、発想法・文章表現のコツ・採点のポイントなど、実際に本番で使える技術をプロ家庭教師が解説しています。

【対象】
対象は、政治経済学部の志望者ですが、基本的な文章を執筆する技術について解説しているので、他の難関校(国立旧帝大)の受験者の問題集や一般入試の小論文の基礎としても利用できます。

【勉強時期】
いつから英作文の勉強を始めるかは、人によって異なりますが、勉強を始める時期は、英単語と英文法が終わってからがおすすめです。全体のスケジュールを考えれば、高校3年生の秋までには初めておくべきでしょう。

【採点添削】
採点においては、ただ言葉を並べるだけではなく、添削による英作文の完成度が重視されます。早稲田大学の政治経済学部は試験時間に余裕がないので、本番を意識して、きちんと時間を計って練習しましょう。また、政治経済分野の独自の表現を、英語で書けるだけの文章力も要求されています。

【勉強方法】
英作文の勉強方法として、プロ家庭教師にカリキュラム講座と採点添削を依頼できます。

スポンサーさん

早稲田 自由英作文 2018 5 問題


早稲田大学 政治経済 2018年-5 自由英作文 問題


Read the statement below and write a paragraph giving at least two reasons why you agree or disagree with it. Write your answer in English in the space provided on your written answer sheet. (It is suggested that you spend no more than 15 minutes on this section.)

"A law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions in the government and major corporations."

早稲田 自由英作文 2018 5 解答


【解答例1】
I agree with the statement. There are two reasons.
Firstly, it is not fair to women that more men are in key positions than women. Japan already has the Equal Employment Opportunity Act, but it had little effect. We need equal rights for both sexes.
Secondly, if men and women in key positions compete with each other, major corporations can employ them at a lower cost. Reducing labor costs will lead corporations to increasing profit. Also, Government can hire excellent workers.
Thus, the law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions. (98WORDS)


【解答例2】
I do not agree with the statement. There are two reasons.
Firstly, it is not fair to men that women already have preferential treatment outside of the workplace. Family and marriage laws in Japan protect women in terms of economy. We need equal rights for both sexes.
Secondly, turnover rate for women is higher than men. Women leave their jobs on marriage and parenting. They do not return. That makes major corporations and government impossible to recover their investment in human resources. It leads to less profit.
To sum up, the law is not necessary in Japan.(97WORDS)

早稲田 自由英作文 2018 5 解説


解説

【自由英作文の型】
自由英作文にはいくつかの型があります。2018年度の早稲田大学の政治経済学部の型は「意見・理由・結論」型です。理由は2つ必要なようです。
いきなり書き始めずに、それぞれの部分に分けて、構成を練っていきましょう。


【意見】
まずは意見をはっきりと述べましょう。

賛成なら:I agree with the statement.
反対なら:I do not agree with the statement.

賛成でも反対でも、どちらの立場を取っても採点には影響がありません。大事なのはしっかりと英作文の構成ができるかどうかです。


【理由】
与えられた題材に対して、理由を述べるために、受験生の知識力が問われます。日頃から政治経済の時事ニュースに敏感でありたいです。

発想のコツとして、政治経済分野では、いかのような基準で、善悪が語られます。

基準1:それは公平かどうか? Is it fair?
基準2:それは生産的か?  Is it productive?
基準3:それは安いか高いか?  Is it cheap or expensive?
基準4:それは比較してどうか? Is it better or worse?

今回のお題は「政府企業での女性役職者の最低割合を法で規定するべきかどうか」ですので、それぞれの基準に合わせて、いかのように理由を整理できます。


基準1:それは公平かどうか?(Is it fair?)

賛成理由1:男性役職者が女性役職者よりも多いのは、女性に公平だ
賛成理由1:It is not fair to women that more men are in key positions than women.
反対理由1:女性が男性よりも職場の外ですでに優遇されているのは、男性に不公平だ
反対理由1:It is not fair to men that women already have preferential treatment outside of the workplace.



基準2:それは生産的か?(Is it productive?)

賛成理由2:女性役職者は男性役職者よりも仕事の成果を出す。
賛成理由2:Some women in key position perform better than men
反対理由2:女性役職者は男性役職者よりも離職率が高い。
反対理由2:Turnover rate for women is higher than men



基準3:それは安いか高いか?(Is it cheaper or more expensive?)

賛成理由3:女性役職者と男性役職者が競争すれば、企業はより安い値段で雇用できる。
賛成理由3:If men and women in key positions compete with each others, firms can employ them at a lower cost.
反対理由3:女性役職者と男性役職者が競争すれば、男性の意欲が下がる。
反対理由3:If men and women in key positions compete with each others, men lose motivation.



基準4:それは比較してどうか?(Is it better or worse?)

賛成理由4:世界の国と比較して、日本の女性役職者の割合は低い。
賛成理由4:Japan has a low percentage of women in key positions compared to foreign countries.
反対理由4:多くの国では男性役職者の割合が高い。
反対理由4:Many countries has a high percentage of men in key positions




【発想力】
発想力の訓練として、どちらの立場からでも理由が述べられるようになっておきたいです。そのためには政治経済分野の記事を読み、よく出る表現をまとめておきたいです。


【結論】
結論では、冒頭の主張を念押しします。以下のように短くまとめましょう。

賛成なら:Thus, the law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions.
反対なら:To sum up, the law is not necessary in Japan






よく使う表現

【公平だ】
is fair to A Aに対して公平だ
is not fair to A Aに対して不公平だ


【比較して】
compared to A Aと比較して


【優遇する】
preferential treatment 優遇する
play favorites えこひいきする


【職場で】
in the workplace 職場で
outside of the workplace 職場の外で
return to work 職場に復帰する


【離職率】
turnover rate 離職率


【成果を出す】
perform well 成果を出す
do well 上手にする


【効果がある】
have effect 効果がある
have no effect 効果がない
have little effect 効果があまりない


【投資を回収する】
recover one's investment


【人材】
human resources 人材
human resource department 人事部

似ている記事
スポンサーさん