GUI

GUI

情報科学 GUI インタフェース

情報科学 GUI インタフェース


GUI (ジーユーアイ 英:graphical user inteface) とは、情報科学において、人間とコンピューターが、視覚言語によって、入出力する方法です。
GUIの例として、マウスのクリックや、タッチパネルのスライドなどが挙げられます。
GUI特徴について、確認していきましょう。

スポンサーさん

GUI vs CUI

情報科学 CUI vs GUI

情報科学 CUI vs GUI


GUIは、CUIとの対比で、理解されます。
人間とコンピューターのやりとりにおいて、GUIは視覚言語を、CUIは論理言語を、それぞれ用います。

GUIは、表示された視覚記号(アイコン・ボタン・カーソルなど)を、直感的に操作し、コンピューターへ命令します。
CUIは、文字を論理的に操作し、コンピューターへ命令します。

GUIの操作は、簡単に学べるように設計されています。コンピューターが誰でも利用できるようになったのも、GUIの影響があります。

CUIはコンピューターの論理を理解する必要があり、GUIよりも学習に時間がかかります。しかし、コンピューターの性能を完全に発揮するには、CUIの理解が必要です。

GUI 歴史


初期のコンピューターは、すべてCUIから始まりました。1980年代にウィンドウズ(マイクロソフト社)とマッキントッシュ(アップル社)が、GUIで操作できるコンピューターを発売し、一般にGUIが普及していきました。

現在では、人間とコンピューターのためのインターフェイスとして、一般消費者にはGUIが、専門開発者にはCUIが、標準になっています。

スポンサーさん