情報科学用語集

情報科学用語集

情報科学用語集

情報科学用語集



プログラミングと情報科学の用語集です。重要語句の日本語訳・英語訳・別名・解説をまとめています。



【情報科学用語集】


用語:OS(オーエス)
英語:Operation System
別名:カーネル(kernel)
解説:OS(オーエス)とは、Operation Systemの省略形で、コンピューターを制御するための、中核となるソフトウェアです。わかりやすく言えば、「OSはソフトウェアの王様」で、他のソフトウェアを管理しています。

OSの代表例として、リナックス(Linux)ウインドウズ(Windows)・マック(Mac)などがあります。

例文:新しいコンピューターを購入したので、すぐにOSをインストールした。



用語:プログラミング学習
英語:Programming Learning
別名:コンピュータープログラミング(Computer Programming)・コーディング(Coding)
解説:プログラミング学習(Programming Learning)とは、コンピューターを操作する知識技術を習得することです。プログラミング学習の特徴として、以下の4点があります。

1:相手は100%正しいことをあなたに伝えてくれるわけではない。
2:あなたも積極的に作業に参加して、真実を検証しながら進むべきである。
3:記事や書籍が古く、指示通りには動かないことは、よくあることであり、恐れることではない。
4:学習が進まなくなった場合は、よく知っている人に相談しにいくべきである。



用語:ロジック
英語:Logic
別名:論理・論理構成・関連付け
解説:ロジック(Logic)とは、物事の関係を理解する能力のことです。段取や手順も、意味することがあります。情報科学の文脈では、情報がキレイに整理され、関係がわかりやすいことです。
例文:ロジックが明確なので、会議の参加者は理解しやすかった。


スポンサーさん
スポンサーさん