OS(オーエス) ソフトウェアの王様 Operation System

OS(オーエス) ソフトウェアの王様 Operation System

OS(オーエス) ソフトウェアの王様 Operation System

OS(オーエス) ソフトウェアの王様 Operation System




【OS(オーエス) 情報科学用語集】


用語:OS(オーエス)
英語:Operation System
別名:カーネル(kernel)
解説:OS(オーエス)とは、Operation Systemの省略形で、コンピューターを制御するための、中核となるソフトウェアです。わかりやすく言えば、「OSはソフトウェアの王様」で、他のソフトウェアを管理しています。

OSの代表例として、リナックス(Linux)ウインドウズ(Windows)・マック(Mac)などがあります。

例文:新しいコンピューターを購入したので、すぐにOSをインストールした。



プログラミング(Programming)と情報科学(Computer Science)の用語集です。重要語句の日本語訳・英語訳・別名・解説をまとめています。


スポンサーさん

OSは3種類 初学者はウインドウズから

OSの種類 初学者はウインドウズから

OSの種類 初学者はウインドウズから




【OSは3種類 初学者はウインドウズから】


OSは、3種類が、生存進化しています。


1つ目は、ウインドウズOSです。マイクロソフト社が継続開発しています。ウインドウズには「ウインドウズ7」や「ウインドウズ10」のように、異なる型番(version)があります。まとめて、ウインドウズ系OSと呼ぶ場合もあります。ウインドウズOSは、もっとも普及率の高いOSです。


2つ目は、リナックスOSです。リナックスOSは無償ですが、利用者に技術力が求められます。リナックスOSには「レッドハットリナックス(Red hat Linux)」や「CentOS」のように派生(distributions)があり、まとめてリナックス系OSと呼んでいます。リナックス系OSは、コンピューターを扱う職業に従事するのなら、必須のOSです。


なお、型番と派生は、別の意味の言葉です。

ウインドウズ系OSのように、開発者が同じで、機能が進化した場合は、型番(version)と呼んでいます。

リナックス系OSのように、開発者が異なる場合を、派生(distributions)と呼んでいます。


3つ目は、マックOSです。アップル社が継続開発しています。東京先生では、マックOSを非推奨としています。その理由は、アップル社の製品が、コンピューターに無知な人間に対して、暗示(映像と音声による快感)によって、割高な販売戦略をしているからです。


スポンサーさん