ポストスクリプト Postscript 解説

ポストスクリプト Postscript 解説

ポストスクリプト Postscript 解説

ポストスクリプト Postscript 解説


ポストスクリプト(Postscript)のまとめです。プロ家庭教師による情報科学講座で、基礎知識用語を、わかりやすく解説しています。

【ポストスクリプトとは 定義】

ポストスクリプト(Postscript)とは、コンピューターからプリンターへ、印刷情報を指示する言語です。「ページ記述言語」とも呼ばれます。ポストスクリプトの指事に従って、プリンターは位置・インク・テキスト・フォントなどを印刷します。

用語ポストスクリプト
英語PostScript
別名ページ記述言語
関連アドビ・DTP・プリンター




【プロ家庭教師 情報科学(プログラミング)対策講座】

プロ家庭教師による情報科学(プログラミング)対策講座を指導依頼できます。

スポンサーさん

ポストスクリプト Postscript 解説


【ポストスクリプトとは 定義】

ポストスクリプト(Postscript)とは、コンピューターからプリンターへ、印刷情報を指示する言語です。「ページ記述言語」とも呼ばれます。ポストスクリプトの指事に従って、プリンターは位置・インク・テキスト・フォントなどを印刷します。

用語ポストスクリプト
英語PostScript
別名ページ記述言語
関連アドビ・DTP・プリンター



【ポストスクリプト DTP】

ポストスクリプトが開発される前は、印刷はコンピューターからは切り離されていました。コンピューターで画像を作成しても、それを印刷機とやりとりすることは困難でした。

そこで、ポストスクリプトを開発して、コンピューターで画像を作成して、印刷所では印刷するだけで済むようになりました。

ポストスクリプトが社会に浸透していったので、机のコンピューターから印刷までを、一貫して作業ができることをDTP(Desktop Top Publishing)と呼ぶようになりました。


【ポストスクリプト アドビ】

アドビ・システム(Adobe Systems)社は、ポストスクリプトの開発会社です。ポストスクリプトを扱うフォトショップ(Photoshop)やイラストレーター(Illustrator)も開発販売しています。


【ポストスクリプト 歴史】

1984年 アドビ・システム社がPostScriptを開発

1985年 Apple Computer社がAppleLaserWriterを発売する

1985年 Aldus社がPageMakerでPostscriptを採用する

1987年 Adobe SystemsがIllustratorにPostscriptを採用する

1990年 Adobe SystemsがPhotoshopにPostscriptを採用する

1993年 PostscriptからPDFが派生する

1999年 Adobe SystemsがInDesignにPostscriptを採用する



【参考文献】

情報科学 情報用語集

スポンサーさん