コンピューター

コンピューター

情報科学 コンピューター

情報科学 コンピューター


コンピューター(英:computer)は、もともとは、人間の代わりに計算する機械を指していました。
computer の原語は、computeで、計算するという意味があります。

単なる計算機を超えて、現代社会では、さまざまなコンピューターが乱立し、また進化を続けています。

基礎知識として、コンピューターを、製品名・装置で分類し、解説していきます。

スポンサーさん

製品による分類


コンピューターを、製品名によって分類すると、メインフレームコンピューター・ワークステーションコンピューター・パーソナルコンピューター・スマートフォン、になります。

メインフレーム・コンピューター (英:mainframe computer) は、歴史的に、大企業・研究所に用いられ、専門家のための製品です。
高い性能が求められ、最先端の技術が採用されます。いわゆるスーパーコンピューターも、含まれます。
主要な供給元として、IBM社が挙げられます。購入には、大規模な予算が求められます。

ワークステーション・コンピューター (英:workstation computer) は、法人向けの製品です。
集団の業務の効率化が主な目的で、どのような技術を用いるかよりは、どれだけ生産性が向上するかが、重要になります。
主要な供給元として、デル社やヒューレットパッカード社が挙げられます。大企業から中小企業向けに、さまざまな製品が開発されており、価格にも広がりがあります。

パーソナル・コンピューター (英:personal computer) は、個人向けの商品です。パソコンとも略されます。
個人の生活のための利便性が重視されます。一般の消費者向けなので、コンピューターの知識がほとんどなくとも、動かせるように設計されています。その反面で、できることが制限されている場合もあります。
主要な供給元として、マイクロソフト社・アップル社があります。
Macintoshの開発元であるアップル社は、パーソナルコンピューターの売上を、性能ではなくマーケティングによって伸ばすことに成功し、それまでのビジネスモデルを変革しました。

スマートフォン (英:smart phone) は、持ち運びのできるコンピューターです。
スマートフォンの特徴として、それまでの携帯電話の通話機能を取りこんだ点が挙げられます。ノートパソコン・タブレットなどともに、mobile (モバイル) という性質があり、空間を移動しながら利用できるように設計されています。
主要な供給元として、アップル社やサムスン社が挙げられます。

部品による分類


コンピューターを、構成する部品名によって分類すると、処理装置・記憶装置・入力装置・出力装置、になります。

処理装置(しょりそうち)は、しばしば、人間の頭脳に例えられ、コンピューターの頭脳の役割を果たします。
処理装置の役割は、制御と演算の2つに、分けて考えられています。
制御とは、プログラムを解読し,他の装置を制御することです。
演算とは、加減乗除などの計算です。

処理装置は、一般にCPU(Central Processing Unit 日:中央演算処理装置)と呼ばれています。また、画像処理に特化した処理装置は、GPU(Graphics Processing Unit 日:画像処理装置)とも呼ばれます。主要なCPUの供給元に、インテル社・AMD社が、GPUの供給元に、エヌビディア社が挙げられます。


記憶装置は、演算の内容を、記憶しておく装置で、情報を保存する役割を果たしています。
記憶装置は、保存する記憶の性質によって、主記憶装置と補助記憶装置に分けて考えられています。

主記憶装置は、一般にメモリとも呼ばれ、人間の脳における作業記憶に例えられます。主記憶装置は、処理装置のそばで、演算中の記憶を一時的に保存しています。
主記憶装置は、高速ですが、容量が少なく、電源を切ると記憶が消えてしまいます。

そこで,主記憶装置よりも低速ですが、記憶容量が大きく、電源を切っても記憶を保存できる補助記憶装置が必要となります。

補助記憶装置は、一般にストレージとも呼ばれ、記憶を長期的に保存します。
代表的な補助記憶装置に、HDD(Hard Disk Drive 日:ハードディスク)が用いられます。CD・DVD・ブルーレイディスク、なども補助記憶装置に含まれます。


入力装置は、人間がコンピューターに、情報を入力するための装置です。
代表的な入力装置に、キーボード・マウスがあります。


出力装置は、コンピュータが人間に、情報を表現するための装置です。
代表的な出力装置に、ディスプレイ・プリンタが挙げられます。


入力装置と出力装置をまとめて、入出力装置・周辺機器・インターフェイスとも呼びます。



処理装置(制御装置・演算装置)・記憶装置・入力装置・出力装置、をまとめて、コンピューターの5大装置と呼びます。

スポンサーさん