資料作成

文書を作る

文書を書くだけなら、誰でもできます。紙にペンで落書きすれば、それも文書と呼べなくはないです。しかし、現実に仕事で、文書を仕上げるとなると、さまざまなことに配慮して、完成させる必要があります。書式・保存・修正・転送、などさまざま機能を、文書は備えていなければなりません。ここでは、コンピューターで優れた文書を書く技術を、執筆術として解説しています。

データ

データ (英:data) について、まとめています。データは、資料・標本・ログ・記録などと同義に扱われており、あまり整理されていません。データとは「とにかく集めたもの」を意味しています。集めたばかりの段階では、秩序がなく、人間が一読しても、要領を得ない場合がほとんどです。そこから、データを加工して、人間に価値があるようにすると「情報」と呼ばれます。

地図資料を作る

地図があると、資料の完成度が上がります。地図を入手する方法として、一番お手軽な方法は、フリー画像を流用することでしょう。対して、一番お手間がかかる方法は、はじめから地図を自作することでしょう。資料作成にかけられる時間と予算によって、さまざまな地図の入手方法を、紹介しています。

画像資料を探す

画像の種類によって、どのような入手方法があるのか、整理しています。画像資料は、直観に訴える説明ができるので、有効です。文字資料に加えて、画像資料を用いることで、あなたの作品の完成度は向上するでしょう。ところが、文字資料を扱う技術と、画像資料を扱う技術は、完全には一致していません。文字を手軽に扱えても、画像は手軽に扱えない場合もあります。また、画像資料の種類は、豊富です。もっともデータ量を節約できるロゴから、精細な色調が求められる美術作品まで、資料で扱うべき画像の種類についても、理解が求められます。

スポンサーさん
スポンサーさん