実装 (インプルメント)

実装 (インプルメント)

情報科学 実装 (インプルメント)

情報科学 実装 (インプルメント)


実装(じっそう)は、情報科学では、概念 (英:concept)・仕様 (英:spec)・実装 (英:implement) のうち、もっとも抽象性が低く、具体性が高いレベルを指します。

情報科学では、概念・仕様・実装と、抽象性の異なる言語を用いることで、世界を上手に説明しようとします。

スポンサーさん

概念・仕様・実装

情報科学 実装 (インプルメント)  関係

情報科学 実装 (インプルメント)  関係


実装を理解するためには、概念・仕様・実装、の関係に注目しましょう。

例えば、「ごはん」や「みそ汁」という実装は、「和食」という仕様にもとづいています。
「ごはん・みそ汁」という具体的な料理に対して、「和食」という抽象的な約束事があります。
ここでの「ごはん・みそ汁」と「和食」との関係を、情報科学では、「実装」と「仕様」の関係として表現します。

さらに、仕様に対して、より抽象化したレベルを、概念と呼びます。
例えば、「和食」を仕様とするならば、「食事」が概念となります。

実装 理性と感性


実装は、製品の最終段階で、五感によって認識できる段階です。

概念や仕様が難しくとも、実装してみると、一般には、理解されやすいです。(特に子供や、学習段階が低い場合には、実装を見せる必要があります)

情報科学のコミュニケーションにおいて、どのような抽象/具体のレベルで、相手に伝えるかは、大事な判断になります。

実装 活用事例


インターネット(概念)は、TCP/IP(仕様)で定められ、ウェブブラウザ(実装)によって、私たちの目に見える姿として、現れています。

スポンサーさん