情報用語集

講座数 14

情報用語集

情報科学 (プログラミング)  用語集

情報科学 (プログラミング) の用語集です。

スポンサーさん

ブロックチェーン (英:blockchain) とは、コンピューターのネットワークを運営する技術です。2008年に、ナカモトサトシさんによって、提唱されました。インターネットで同一性を確保するための、画期的な技術として、注目されています。

コンピューター(英:computer)は、もともとは、人間の代わりに計算する機械を指していました。 computer の原語は、computeで、計算するという意味があります。単なる計算機を超えて、現代社会では、さまざまなコンピューターが乱立し、また進化を続けています。基礎知識として、コンピューターを、製品名・装置名で分類し、解説していきます。

概念(がいねん)は、情報科学では、概念 (英:concept)・仕様 (英:spec)・実装 (英:implement) のうち、もっとも抽象性が高いレベルを指します。情報科学では、概念・仕様・実装と、抽象性の異なる言語を用いることで、世界を上手に説明しようとします。なお、概念は、もともとは哲学の用語で、人間が心に抱くものという意味です。

CSV (シーエスブイ 英:Comma Separated Value) は、有名なデータのフォーマットです。CSVは、 データを行列に整理できます。CSVを扱う有名なアプリケーションに、WindowsのExcelがあります。CSVのファイルは、拡張子として.csvが付きます。

CUI (シーユーアイ 英:Character User Interface) は、情報科学において、人間とコンピューターのやりとりに、論理言語を用います。初期のコンピューターの操作は、すべてCUIが当たり前でした。現在でも、コンピューターの性能を十分に発揮するためには、CUIの理解が欠かせません。また、CUIと同じ意味で、シェル・バッシュ・コマンドライン・ドス窓・黒い窓・プログラミングなど...

GUI (ジーユーアイ 英:graphical user inteface) とは、情報科学において、人間とコンピューターが、視覚言語によって、入出力する方法です。GUIの例として、マウスのクリックや、タッチパネルのスライドなどが挙げられます。GUI特徴について、確認していきましょう。

ハードウェア (英:hardtware) とは、コンピューターの物理部分を指します。情報科学では、コンピューターの存在を、物理部分のハードウェアと非物理部分のソフトウェアに、分けて考えます。ハードウェアには、CPU・GPU・メモリ・ストレージ・マウス・キーボード・ディスプレイ・プリンタ・などが含まれます。

巾等性 (べきとうせい 英:idempotence) とは、同じ操作を何回しても、操作の結果が変わらないことを意味します。 例えば、ウェブページを何度閲覧しても、ウェブページが変わらないのであれば、ウェブページの閲覧(という操作)には、巾等性があります。もともとは数学の概念で、情報科学の 概念に移植されました。操作を、巾等性のある操作と巾等性のない操作に分けることで、プログラムの 設計が...

実装(じっそう)は、情報科学では、概念 (英:concept)・仕様 (英:spec)・実装 (英:implement) のうち、もっとも抽象性が低く、具体性が高いレベルを指します。情報科学では、概念・仕様・実装と、抽象性の異なる言語を用いることで、世界を上手に説明しようとします。

JSON (ジェイソン 英:JavaScript Object Notation) は、有名なデータのフォーマットです。JSONは、データを辞書形式に整理できます。JSONは、インターネットの通信で人気のフォーマットで、もともとはJavascriptから派生しました。JSONのファイルは、拡張子として.jsonが付きます。

シェル (英:Shell) は、情報科学において、OSの中枢 (カーネル) への命令をするためのアプリケーションです。いわゆる「コンピューターを文字で操作する」ためのアプリケーションで、CUIによる操作が求められることが多いです。一般消費者のレベルでは、そもそも手を触れませんが、専門開発者のレベルでは、理解が必須です。

ソフトウェア (英:software) とは、コンピューターの非物理部分を指します。情報科学では、コンピューターの存在を、物理部分のハードウェアと非物理部分のソフトウェアに、分けて考えます。ソフトウェアには、プログラム・OS (オペレーションシステム)・アプリケーション・ドライバ・ライブラリ・スクリプト・ブラウザ、などが含まれます。

仕様(しよう)は、情報科学では、概念 (英:concept)・仕様 (英:spec)・実装 (英:implement) のうち、抽象性が中間のレベルを指します。情報科学では、概念・仕様・実装と、抽象性の異なる言語を用いることで、世界を上手に説明しようとします。なお、仕様は、もともとは工学の用語で、製品が満たすべき品質基準という意味です。

コンピューターの世界では、私たちが文字や記号と呼んでいるものを、テキスト (英:text) として扱います。私たちが日常に用いている自然言語には、曖昧さがあり、コンピューターは曖昧さに弱いです。そこで、文字・数字・文章・記号などのうちで、コンピューターが扱えるものを、テキストとして定義しています。コンピューターで文章を書くことは、コンピューターでテキストを加工すると、言い換えられます。そして...

スポンサーさん