中学受験 御三家

中学受験 御三家

中学受験 御三家

中学受験 御三家


御三家 (ごさんけ) とは、中学受験の私立中学のうち、難関大学への進学実績が高い学校を、まとめた呼び名です。

どの中学校が御三家に選ばれるかは、諸説があります。

御三家の由来は、江戸幕府の時代に、次世代の将軍を輩出する家系として、水戸・尾張・紀州を、御三家として別格に扱ったことにあります。

スポンサーさん

御三家 例


東京圏では、男子御三家(麻布中学・開成中学・武蔵中学)と女子御三家(桜陰中学・女子学院中学・雙葉中学)が有名です。

神奈川御三家(栄光学園・聖光学園・浅野中学)や新男子御三家(海城中学・駒場東邦中学・渋谷学園幕張中学)や新女子御三家(鴎友女子中学・吉祥女子中学・豊島岡女子中学)など、さまざまに御三家が用いられています。

御三家は、あくまで教育業界用語であり、厳密な法律の用語ではありません。したがって、どの中学校が御三家とされるのか、統一された意見があるわけではありません。

御三家 指標


御三家となる指標として、大学合格実績・偏差値・ブランド力・卒業生の活躍などがあります。

大学合格実績は、各学校ごとに発表されています。全体像を知りたい場合は、例年、ジャーナリズムが集計した数値を発表しています。サンデー毎日の記事が有名です。

偏差値は、試験の難易度を測る指標ですが、中学受験の場合は、上位難関校にはあまり当てはまりません。なぜなら、中学受験の試験問題は、学校ごとにかなりの開きがあるからです。例えば、女子御三家で有名な桜蔭と女子学院では、入試の出題傾向が全く異なります。試験問題は、その中学校からのメッセージであり、どのような資質能力のある生徒を求めているのかが、問題に反映されています。風評に流されず、しっかりと資質能力を確認しておきたいです。

ブランド力は、少子化で経営難となる私立中学校が多くなるなかで、求められています。どの中学校も、生徒獲得競争のために、マーケティングをして、魅力を高めようとしています。一般に、生徒の志願倍率が低い私立学校は、広告を打つようになるといわれています。

卒業生の活躍は、学校出身のOB・OGの支援です。政界・財界・メディアにいる出身者が、自信の出身中学を後援をしている場合があります。また、民間企業の人事採用において、学歴として大学だけではなく、出身中学・出身高校が考慮される場合もあります。

また、御三家となる学校は、男子校・女子校のように男女別学が主流です。男女別学が思春期の学力に与える影響は、研究されています。

スポンサーさん