高校受験 用語集

講座数 5

高校受験 用語集

高校受験 用語集

高校受験にまつわる用語集です。

スポンサーさん

PISA(Programme for International Student Assessment ピサ)とは、国際的な学力比較調査で、日本語では、学習到達度調査(がくしゅうとうたつどちょうさ)と訳されています。実施団体はOECDで、日本では国立教育政策研究所が担当しています。PISAの結果は、教育専門誌だけではなく、一般誌にも広く紹介され、日本政府の教育政策にも影響を与えています。教員...

PISA(ピサ)2018年学力調査のまとめ解説です。プロ家庭教師による教育制度研究で、教育用語の基礎知識を、わかりやすく解説しています。PISA(Programme for International Student Assessment ピサ)とは、国際的な学力比較調査で、日本語では、学習到達度調査(がくしゅうとうたつどちょうさ)と訳されています。実施団体はOECDで、日本では国立教育政策...

評定 (ひょうてい) とは、高校入試のための出願書類で、生徒がどのような中学生だったかを記録する書類です。中学校の先生が作成し、受験する高校へ提出します。高校受験では、評定は得点化されるので、評定対策するのが一般的です。なお、評定と同じ意味で、通知表・通信簿・内申書という言葉も用いられます。

自己PRカード (じこぴーあーるかーど) は、都立高校の推薦入試に、必要な書類です。推薦入試では、受験者の面接は得点化されますが、その面接のもとになるのが自己PRカードの内容です。自己PRカードは推薦入試の入口といえるでしょう。 また、都立高校の一般入試でも、自己PRカードを提出しますが、合否にはあまり関係がありません。ですが、自分の過去を反省し、未来の目標を考えるためにも、自己PRカード...

集団討論 (しゅうだんとうろん) とは、コミュニケーション能力や協調性・思考力・判断力・表現力などを評価するのが目的です。与えられたテーマについて自分の考えを明確に述べることができるか、複数名の受験生同士が協力して一つのテーマに関して議論を進めて、結論を導くことができるかなどを確認します。高校受験では、おもに推薦入試で実施されます。 個人面接と集団討論では、 面接官の複数人と、受験生の複...

スポンサーさん