塾分析 サピックス(SAPIX)

塾分析 サピックス(SAPIX)

塾分析 サピックス(SAPIX)

塾分析 サピックス(SAPIX)



サピックス(SAPIX)とは中学受験の進学塾の1つです。指導方針は、学力上位層向けのエリート主義で、関東圏の難関中学への合格実績が豊富です。

【サピックス教材】

サピックス教材の進度は速く、小学5年生の終わりで中学受験カリキュラムを1周完了します。


【大手システム塾】

2000年代以降の中学受験業界では、サピックス・四谷大塚・日能研・早稲田アカデミーを合わせて、関東中学受験4大システム塾と呼びます。


【中学受験用語集】

中学受験用語集で、中学受験テクニック・ノウハウ・メソッドをプロ家庭教師が解説します。


【プロ家庭教師 指導依頼】

難関中学への合格対策カリキュラムをプロ家庭教師に指導依頼できます。

スポンサーさん

塾分析 サピックス(SAPIX)


【サピックスとは】

サピックス(SAPIX)とは、中学受験の進学塾の1つです。指導方針は、学力上位層向けのエリート主義で、関東圏の難関中学への合格実績が豊富です。サピックス教材の進度は速く、小学5年生の終わりで中学受験カリキュラムを1周完了します。2000年代以降の中学受験業界では、サピックス・四谷大塚・日能研・早稲田アカデミーを合わせて、関東中学受験4大システム塾と呼びます。


【サピックス 合格実績】

サピックスは中学受験御三家の合格実績で、他塾を圧倒しています。

サピックスの合格実績の理由は、以下と考えられます。

1:そもそも頭が良い子供が入塾している
2:教材が難関校向け


【サピックス エリート主義】

サピックスは良くも悪くもエリート主義です。組み分けテストが頻繁に実施され、成績上位者が優遇され、合格実績を勝ち取れるように、良い先生が担当します。

反対に、成績下位者は冷遇され、良い先生が担当しません。結果的に、上位クラスに在籍できないと、通塾しても効果がなくなっていきます。

本気で中学受験をする気がなく、ただ学習習慣を身につけたいだけの場合も、サピックスはおすすめできない塾です。


【サピックス教材 対 四谷大塚教材】

サピックスの教材は、進度が速いことで有名でした。小学6年生春(小学5年生の終わり)には、中学受験カリキュラムを1周完了します。対して、四谷大塚の教材は、小学6年生夏まで、中学受験カリキュラムを1周完了していませんでした。

小学生にとって半年の時間の差は、問題演習の量の差になります。

サピックスへの対抗からか、四谷大塚もカリキュラム進度を早めて、現在では、SAPIXと同じ進度に改定しています。


【サピックス おすすめの子ども】

サピックスに通塾するのであれば、子どもの相性が大事になります。

以下のような子どもは、相性が良いと考えられます。

1:学習習慣が身についている子ども
2:他人と比較されたり競争しても平気な子ども
3:家庭の支援体制ができている子ども


【サピックス おすすめしない子ども】

以下のような子どもは、相性があまり良くないと考えられます。

1:成績が安定しない子ども
2:マイペースに勉強したい子ども
3:塾の方針に従えない子ども



【サピックス やめサピックス】

サピックスは学力上位者に向けて授業をするので、カリキュラムについていけなくなり、上位クラスから転落してしまうと、復活が難しいです。子供の意欲も下がり、退塾という選択をする場合もあります。

サピックスは退塾率を公表していまんせんが、6年生の始めには、カリキュラムについていけない生徒が大量に退塾し「やめサピックス」と呼ばれています。

サピックスで早めに中学受験カリキュラムを終えてから、転塾することも1つの選択肢ではあります。


【参考文献】

御三家

中学受験カリキュラム

転塾

教育法制 中学受験

教育法制 中学受験 用語集

スポンサーさん