中学受験 低年齢化

中学受験 低年齢化

中学受験 低年齢化

中学受験 低年齢化


低年齢化 (ていねんれいか) は、能力開発の時期を、従来よりも早めることです。年齢により臨界期がある分野で、しばしば用いられる言葉です。

中学受験は、低年齢化していると言われます。開始時期が早まることを、私たちはどのように考えたらよいのでしょうか。

スポンサーさん

低年齢化 芸術・スポーツ・学術


低年齢化は、教育分野だけに起こっている現象ではありません。教育よりも、むしろ芸術やスポーツの方が、低年齢化が進んでいるように見える場合もあります。

また、日本だけで低年齢化しているのではなく、先進国では、軒並み低年年齢化が進んでいます。

近年では、0歳から3歳までの幼児教育こそ重視すべきで、公的予算を増やすべきとの主張もあります。


低年齢化 理由


低年齢化の背景として、2つの理由が検討できます。

1つめは、発達加速現象です。発達加速現象とは、心身の発達が、前の世代よりも前倒しになる現象で、主として人間の生物面に注目します。

2つめは、社会の成熟です。中学受験の老舗は、いずれも1950年代から事業を営んでおり、数世代に渡るノウハウやデータが蓄積されています。そのおかげで、今の世代の子供は、前の世代よりも、計画的な能力開発が可能となっています。

スポンサーさん