1月入試

1月入試

中学受験 1月入試

中学受験 1月入試


1月入試 (いちがつにゅうし) とは、首都圏の中学受験で、1月に実施される入試のことです。私立中学入試では、行政区単位で、入試解禁日が設定されており、入試日が異なります。


【千葉+埼玉 それから 東京+神奈川】


千葉県と埼玉県の私立中学入試は、1月解禁なので、1月中に中学受験が始まります。対して、東京都と神奈川県の私立中学入試は、2月解禁なので、2月1日から中学受験が始まります。

相対的に受験開始時期の遅い東京都+神奈川県の受験生が、1月入試を利用して「練習として」千葉県と埼玉県の私立中学を受験する慣行があります。

中学受験の用語集です。現場のプロ家庭教師が専門用語をわかりやく解説します。

スポンサーさん

1月入試 近いか遠いか



【近いか遠いか】


1月入試には「近い1月入試」と「遠い1月入試」があります。


【近い1月入試】


近い1月入試とは、例えば東京都の児童が、あえて埼玉県の私立中学を受験する場合です。東京都では中学受験がまだ解禁されていませんが、一足早く、埼玉県で中学受験を経験できます。多くの進学塾でも近い1月入試の利用をおすすめしています。


【遠い1月入試】


遠い1月入試とは、例えば長崎県や高知県などの遠くの学校が、生徒募集のために東京都に会場を間借りして、実施する受験です。この場合、学校本拠地が東京都ではないので、東京都の中学入試解禁日よりも早く受験日が設定できます。

学校と受験会場を分離するのは、大学受験では一般的ですが、中学受験ではあまり知られていないため、多くのご家庭は「へえ、そういうものもあるのですね」という感想を漏らします。

1月入試 本番経験を積む



【千葉県+埼玉県には無関係】


<千葉県・埼玉県の私立中学校が第1志望の児童にとって、1月入試に特別な意味はありません。対して、東京都・神奈川県の私立中学校が第1志望の児童にとっては、1月入試は特別な意味があります。


【本番練習用】


1月入試は、東京都・神奈川県の本番2月入試に備えて、練習する場所になっています。模試ではなく、実際に合格・不合格の判定は出ますが、実質的には模試と同じよう利用されています。いわば、受験本番の前の腕試しです。


【どんどん受験した方が良い】


「合格しても進学するつもりはない」のにもかかわらず、あえて受験するなんて、学校に失礼ではないか、と思うかもしれません。しかし、それは逆です。私立中学校側も、1月入試を積極的に利用できるようにしていますし、合格者が辞退することを前提に、大量の合格者を出してきます。さらに、受験手数料は、私立中学校の経営を支える柱でもありますので、優れた経験が積める場所として、1月入試を利用すれば大丈夫です。

12歳という年齢を考えると、まわりは見知らぬ人間で、時間制限のなかで試験ができて、合格・不合格の結果がもらえますので、1月入試を積極的に利用して、経験値を上げておくのがおすすめです。

1月入試 有名校



【1月入試の有名校】


1月入試を実施する有名校では、以下があります。

日程中学行政区
01月08日函館ラサール中学校北海道
01月08日西大和学園中学校奈良県
01月10日栄東中学校埼玉県
01月13日早稲田佐賀中学校佐賀県
01月14日浦和明の星女子中学校埼玉県
01月20日市川中学校千葉県
01月22日渋谷教育学園幕張中学校千葉県
01月25日立教新座中学校埼玉県
打切土佐塾中学校高知県

遠い1月入試は、近年は縮小傾向にあり、打ち切る中学校も出てきています。最新の生徒募集要項で確認することをおすすめします。

スポンサーさん