有明(ありあけ) 26日の月 暁の月

有明(ありあけ) 26日の月 暁の月

有明(ありあけ) 26日の月 暁の月

有明(ありあけ) 26日の月 暁の月


単語有明 (ありあけ)  
別名:有明月(ありあけづき) 有明の月(ありあけのつき) 暁の月(あかつきのつき) 二十六日の月(にじゅろくにちのつき) 廿六夜(にじゅうよろくや) 月の和名
解説:有明とは、下弦の月の後の、月齢26日の月です。有明の由来は「明るさがる」で、夜明けのことです。有明の月は、深夜過ぎに見え始め、朝に輝き、昼過ぎまで残り、それから消えていきます。有明を「十六夜以降の月すべて」とする解釈もあります。室町時代からは、有明の月を待ちながら、深夜に結集する二十六夜講(にじゅうろくやこう)という風習がありました。
例文:
日文:有明の月は、真夜中に現れて、朝まで私たちに付き合ってくれる。

スポンサーさん

有明(ありあけ) 暁の月 探究資料



科目別 Subject

古典古文  高校受験国語古典カリキュラム

古典古文  大学受験古典古文カリキュラム


単元別 Section

古典古文  古文単語帳

古典古文  古典古文文法(文語)

古典古文  古典古文作品読解


対象学年別 Student

中学受験生(小学4年+小学5年+小学6年)
高校受験生(中学1年+中学2年+中学3年)
大学受験生(国公立高校1年生+高校2年生+高校3年生+私立中高一貫校生)
大学生+社会人(古典日本語や東洋文化を学びたい生徒)


プロ家庭教師の古典古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。オンライン学習用で、生徒・保護者・教員・家庭教師のために、無料ダウンロードを提供します。

似ている記事
スポンサーさん