もちづき いざよい 古典世界と月の名前

もちづき いざよい 古典世界と月の名前

もちづき いざよい 古典世界と月の名前

もちづき いざよい 古典世界と月の名前


月の和名月齢解説
新月 (しんげつ)01日満月の反対 ほぼ見えない
繊月 (せんげつ)02日線のように細い月
三日月 (みかづき)03日仏語でクロワッサン
上弦 (じょうげん)07日弦が上向き 理科でも登場
十日夜 (とおかんや)10日とおかのやの音便
十三夜(じゅうさんや)13日とおさんやとも呼ぶ
小望月 (こもちづき)14日満月の子分
望月 (もちづき)15日満月(まんげつ)の和名
十六夜 (いざよい)16日いざよいとは遅れること
立待月 (たちまちづき)17日夕方に立って待つ月
居待月(いまちづき)18日座って待つ月
寝待月(ねまちづき)19日寝ながら待つ月
更待月 (ふけまちづき)20日夜更けまで待つ月
下弦 (かげん)23日弦が下向き 理科でも登場
有明月 (ありあけつき)26日朝の明るさに有る月
三十日月 (みそかづき)30日みそかは月の終わり
解説:三日月(みかづき)・満月(もちづき)・十六夜(いざよい)・寝待月(ねまちづき)などは、古典日本語での月の名前で、和名月(わめいづき)とも呼ばれています。例えば、満月(もちづき)と読むのがめいで、満月(まんげつ)と読むのがかんめいです。ちょうど、漢字の訓読みと音読みに対応しており、「和名=訓読み」で「漢名=音読み」となります。月のけの程度は、月齢(げつれい)で表現します。例えば、新月は月齢01日で、満月は月齢15日と、それぞれ表現します。月齢の数字は、漢数字でも、アラビア数字でも、どちらでも大丈夫です。現代日本語では、表現力を高めるためのしゅうほうとして、和名月を用います。
単語新月 (しんげつ)  
別名:1日の月(いちにちのつき) 朔(さく) 朔月(さくづき) ニュームーン(new Moon) 月の和名
解説:新月とは、望月の反対で、光がにくがんでほぼ見えず、夜の闇がもっとも深くなる月のことです。科学が未発達だった古典世界では、測定機器もなかったので、三日月から逆に計算して、日付を求めていました。そのごりなのか、さかのぼるという漢字には、朔の字が含まれていますね。新月の由来は、「前の月が一度死んで、また新しく生まれてきた月」で、そのような死と再生の物語を通じて、古代人は月を見ていたと考えられます。
単語繊月 (せんげつ)  
別名:二日の月(ふつかのつき) 二日月(ふつかづき) 月の和名
解説:繊月とは、新月の次の月齢で、細くかすかに光る月です。繊月は、三日月よりも細い月です。繊月の見える時間は、日没後1時間前後で、まだ明るい空に出現します。漢字の繊は「細く幽かな」を意味し、漢字の維は「女の子の指」を意味します。
例文:
日文:繊月へ、手を伸ばすと、折れそうなくらい、弱い光だった。
単語三日月 (みかづき)  
別名:三日の月(みっかのつき) 三日月(みっかづき) 朏(みかづき) 初月(ういづき) 若月(わかづき) 眉月(まゆづき) クレセント(cresent) クロワッサン(croissant) ヒラール(هِلال) 月の和名
解説:三日月とは、繊月の次の月齢で、先のとがったまゆの形が特徴です。三日月は、肉眼で確認できる明るさなので、三日月を見て、日時を感じやすいです。多くの民族が三日月に魅力を感じ、様々な異名を与えています。三日月は英語でクレセントと呼び、フランス語でクロワッサンと呼び、アラビア語ではヒラールと呼びます。三日月の見える時間は、夕暮れ時です。
例文:
日文:三日月の先端は、多くの人の目をきつける。
単語上弦の月 (じょうげんのつき)  
別名:上弦月(じょうげんつき) ファーストクオーター(first quarter) 月の和名
解説:上弦の月とは、三日月の後の月齢で、月を弓に見立てて、弦がうわいているので、上弦の月と呼ばれます。上弦の月の見える時間は、昼過ぎから深夜までです。
例文:
日文:上弦の月は、北半球では、左手で弦を握れます。
単語十日夜 (とおかんや)  
別名:月見の月(つきみのつき) 月見月(つきみづき) 十日の月(とおかのつき) 月の和名
解説:十日夜とは、上弦の月の後の月齢で、はんげつよりもややふくらみのある月です。「とおかんや」の発音は「とおかのよ」の音便です。
例文:
日文:秋の十日夜には、月見の行事があります。
単語十三夜 (じゅうさんや)  
別名:未完の月(みかんのつき) 月の和名
解説:十三夜とは、十日夜の後の月齢で、はんげつよりもややふくらみのある月で、まだ望月には成っていない月です。十三夜と望月のどちらが美しいのか、古来より論争があります。十三夜は、かんの美学と呼ばれ、まだ完成していない姿こそ、美しいと考えます。対して、望月は、かんぜんかんぺきの姿こそ、美しいと考えます。どちらの月も、つきうたげむかえる習慣があります。
単語小望月 (こもちづき)  
別名:幾望(きぼう) 望月の前夜(もちづきのぜんや) 月の和名
解説:小望月とは、望月の前の月齢です。もうはんげつとは言えず、かなり膨らみがあります。小望月と望月のどちらが美しいのか、古来より論争があります。小望月は、かんの美学と呼ばれ、まだ完成していない姿こそ、美しいと考えます。対して、望月は、かんぜんかんぺきの美学と呼ばれ、けたところのない姿こそ、美しいと考えます。どちらの月も、つきうたげむかえる習慣があります。小望月の別名は、幾望で、漢字の幾は「近い」を意味し、漢字の望は「もっとも遠くを見つめる」を意味します。
例文:
日文:小望月には、わずかに暗い部分がある。
単語望月 (もちづき)  
別名:望(のぞみ) 十五夜(じゅうごや) 十五日の月(じゅうごにちのつき) 満月(まんげつ) 満ちた月(みちたつき) フルムーン(full Moon) プレーヌリュンヌ(pleine lune) バデゥル(بدر)  月の和名
解説:望月とは、小望月の後の、月齢15日の月です。望月は、満月の和名です。望月は、すべての月のうちで、最も輝きが強いことから、多くの民族が望月に魅力を感じ、様々な異名に与えています。望月は英語ではフルムーンと呼び、フランス語ではプレーヌリュンヌと呼び、アラビア語ではバデゥルと呼びます。小望月と望月のどちらが美しいのか、古来より論争があります。小望月は、かんの美学と呼ばれ、まだ完成していない姿こそ、美しいと考えます。対して、望月は、かんぜんかんぺきの美学と呼ばれ、けたところのない姿こそ、美しいと考えます。どちらの月も、つきうたげむかえる習慣があります。望月の見える時間は、夜から早朝までです。
単語十六夜 (いざよい)  
別名:不知夜月(いざよいづき) 十六夜(じゅうろくや) 十六日の月(じゅうろくにちのつき) ためらう月 既望(きぼう) 月の和名
解説:十六夜とは、望月の後の、月齢16日の月です。十六夜の由来は、古典日本語の動詞「いざよふ」です。「いざよふ」とは、「躊躇ためらいが生まれて動きが遅れる」という意味で、その名詞形が「いざよい」です。つまり、十六夜とは「明るい時間には登場せずに、夜の遅くまで登場が遅れて来る月」のことです。また、「いざよひ」とにごらずに、「いさよひ」とんで発音していたとする説もあります。古典日本語は音の濁り(=濁音のこと)をいとう傾向があるので、もしかすると古典世界を生きた人間たちは「いさよひ」と発音していたのかもしれません。十六夜の別名として、既望があり、「すでに望月を過ぎた月」という意味です。十六夜の見える時間は、夜から早朝までなので、月見の対象としては、やや遅くなってしまう感があります。また、十六夜を「毎月16日の月」ではなく、「陰暦8月16日の月」に限定する解釈も存在します。その場合、「中秋の名月=陰暦8月15日の月=望月」となり、「十六夜=陰暦8月15日の月のあとの陰暦8月16日の月」となり、「毎月」か「陰暦8月に限定」か、意見が分かれることになります。
例文:
日文:十六夜の月は、望月よりも遅く登場する。
和歌:山の端に 不知夜歴月を 出でむかと 待ちつつ居るに 夜そふけにける
仮名:やまのはに いさよふつきを いでむかと 待ちつつをるに よそふけにける
新字:やまのはに いさようつきを いでむかと 待ちつつをるに よそふけにける
解説:万葉集いっしゅで「不知夜歴」はあてと考えられます。
単語立待月 (たちまちづき)  
別名:立待月(たちまちづきづき) 十七日の月(じゅうななにちのつき) 立って待つ月 月の和名
解説:立待月とは、十六夜の後の、月齢17日の月です。月の出る時間は、望月を過ぎると、だいに夜遅くへと移っていきます。人間の視点からは、月が出るのを待つことになります。その月を待つ姿勢から、立待月居待月寝待月更待月という言葉が生まれました。立待月の由来は、「月の出が遅いので今かと今かと人間が立ちながら待っている」です。立待月の見える時間は、夜から朝方までなので、月見の対象としては、やや遅くなってしまう感があります。
単語居待月 (いまちづき)  
別名:居待月(いまちづきづき) 十八日の月(じゅうはちにちのつき) 座って待つ月 月の和名
解説:居待月とは、立待月の後の、月齢18日の月です。月の出る時間は、望月を過ぎると、だいに夜遅くへと移っていきます。人間の視点からは、月が出るのを待つことになります。その月を待つ姿勢から、立待月居待月寝待月更待月という言葉が生まれました。居待月の由来は、「月の出が遅いので今かと今かと人間が立ちながら待っていたが、そのうちに疲れて座ってしまった」です。居待月の見える時間は、夜から朝方までなので、月見の対象としては、やや遅くなってしまう感があります。
単語寝待月 (ねまちづき)  
別名:寝待月(ねまちづき) 寝て待つ月 臥待月(ふしまちづき) 十九日の月(じゅうくにちのつき)  月の和名
解説:寝待月とは、居待月の後の、月齢19日の月です。月の出る時間は、望月を過ぎると、だいに夜遅くへと移っていきます。人間の視点からは、月が出るのを待つことになります。。その月を待つ姿勢から、立待月居待月寝待月更待月という言葉が生まれました。寝待月の由来は、「月の出が遅いので今かと今かと人間が座りながら待っていたが、そのうちに疲れて寝てしまった」です。寝待月の見える時間は、夜更けから朝方までなので、月見の対象としては、やや遅くなってしまう感があります。
単語更待月 (ふけまちづき)  
別名:更待月(ふけまちづき) 夜更けの月 二十日の月(にじゅうにちのつき)  月の和名
解説:更待月とは、寝待月の後の、月齢20日の月です。月の出る時間は、望月を過ぎると、だいに夜遅くへと移っていきます。人間の視点からは、月が出るのを待つことになります。その月を待つ姿勢から、立待月居待月寝待月更待月という言葉が生まれました。更待月の由来は、「夜更けまで待ってやって出てくる月」です。更待月の見える時間は、22時(午後10時)あたりの夜更けから昼前まで、月見の対象としては、やや遅くなってしまう感があります。
単語下弦の月 (かげんのつき)  
別名:下弦の月(かげんのつき) 下弦月(かげんづき) 二十三日の月(にじゅうさんにちのつき) サードクオーター(third quarter) 月の和名
解説:下弦の月とは、更待月の後の、月齢23日の月です。下弦の月の由来は、月を弓に見立てて、弦が下向きなので、下弦の月と呼ばれます。下弦の月の見える時間は、深夜に見え始め、朝方に南中し、昼頃には見えなくなっていきます。
例文:
日文:下弦の月は、北半球では、右手で弦を握れます。
単語有明 (ありあけ)  
別名:有明月(ありあけづき) 有明の月(ありあけのつき) 暁の月(あかつきのつき) 二十六日の月(にじゅろくにちのつき) 廿六夜(にじゅうよろくや) 月の和名
解説:有明とは、下弦の月の後の、月齢26日の月です。有明の由来は「明るさがる」で、夜明けのことです。有明の月は、深夜過ぎに見え始め、朝に輝き、昼過ぎまで残り、それから消えていきます。有明を「十六夜以降の月すべて」とする解釈もあります。室町時代からは、有明の月を待ちながら、深夜に結集する二十六夜講(にじゅうろくやこう)という風習がありました。
例文:
日文:有明の月は、真夜中に現れて、朝まで私たちに付き合ってくれる。
単語三十日月 (みそかづき)  
別名:三十日の月(さんじゅうにちのつき) 晦日(みそか) 月隠り(つきごもり) 月の和名
解説:三十日月とは、下弦の月の後の、月齢30日の月です。三十日月の別名として「月隠り」があり、「月の姿が隠れて消滅すること」に由来しています。もう1つの別名である「晦日」は、「1月の終わり」を意味します。ちなみに「大晦日」は「1年の終わり」を意味する、おなじみの言葉ですね。三十日月の翌日は、新月(朔日)となります。三十日月には、身辺を整理して、新しい月への準備をする習慣があります。
例文:
日文:三十日月は、にくがんではほぼ見えない。

スポンサーさん

古典世界と月の名前解説 探究資料


科目別 Subject

古典古文  高校受験国語古典カリキュラム

古典古文  大学受験古典古文カリキュラム

単元別 Section

古典古文  古文単語帳

古典古文  古典古文文法(文語)

古典古文  古典古文作品読解

対象学年別 Student

中学受験生(小学4年+小学5年+小学6年)
高校受験生(中学1年+中学2年+中学3年)
大学受験生(国公立高校1年生+高校2年生+高校3年生+私立中高一貫校生)
大学生+社会人(古典日本語や東洋文化を学びたい生徒)


プロ家庭教師の古典古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。オンライン学習用で、生徒・保護者・教員・家庭教師のために、無料ダウンロードを提供します。

似ている記事
スポンサーさん