小望月(こもちづき) 望月の前夜 幾望

小望月(こもちづき) 望月の前夜 幾望

小望月(こもちづき) 望月の前夜 幾望

小望月(こもちづき) 望月の前夜 幾望


単語小望月 (こもちづき)  
別名:幾望(きぼう) 望月の前夜(もちづきのぜんや) 月の和名
解説:小望月とは、望月の前の月齢です。もうはんげつとは言えず、かなり膨らみがあります。小望月と望月のどちらが美しいのか、古来より論争があります。小望月は、かんの美学と呼ばれ、まだ完成していない姿こそ、美しいと考えます。対して、望月は、かんぜんかんぺきの美学と呼ばれ、けたところのない姿こそ、美しいと考えます。どちらの月も、つきうたげむかえる習慣があります。小望月の別名は、幾望で、漢字の幾は「近い」を意味し、漢字の望は「もっとも遠くを見つめる」を意味します。
例文:
日文:小望月には、わずかに暗い部分がある。

スポンサーさん

小望月(こもちづき) 未完の美学 探究資料


科目別 Subject

古典古文  高校受験国語古典カリキュラム

古典古文  大学受験古典古文カリキュラム

単元別 Section

古典古文  古文単語帳

古典古文  古典古文文法(文語)

古典古文  古典古文作品読解

対象学年別 Student

中学受験生(小学4年+小学5年+小学6年)
高校受験生(中学1年+中学2年+中学3年)
大学受験生(国公立高校1年生+高校2年生+高校3年生+私立中高一貫校生)
大学生+社会人(古典日本語や東洋文化を学びたい生徒)


プロ家庭教師の古典古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。オンライン学習用で、生徒・保護者・教員・家庭教師のために、無料ダウンロードを提供します。

似ている記事
スポンサーさん