国学(こくがく) 和の探究 意味解説

国学(こくがく) 和の探究 意味解説

国学(こくがく) 和の探究 意味解説

国学(こくがく) 和の探究 意味解説


単語:国学
かな:こくがく
意味:国学(こくがく)とは、江戸時代に、日本列島の文化思想を研究した学問領域です。国学の成果として、古典日本語の確立・古典作品の整備(古事記・万葉集)・和思想の探究・古神道(こしんとう)の探究などがあります。



【国学研究者 まとめ】


研究者生年実績経歴
契沖(けいちゅう)1640--1701年万葉代匠記真言宗の僧
賀茂真淵(かものまぶち)1697--1763年祝詞考歌人
本居宣長(もとおりのりなが)1730--1801年玉勝間医師
塙保己一(はなわほきいち)1746--1821年群書類従検校
平田篤胤(ひらたあつたね)1776--1843年復古神道神職




古典世界の言語・文化・慣習・制度を学ぶことで、古文作品の奥深さを楽しみましょう。

プロ家庭教師の古文教材で、指導歴10年以上の講師が執筆しています。

スポンサーさん
似ている記事
スポンサーさん