日本の農業人口 1955年から2015年

日本の農業人口 1955年から2015年

日本の農業人口 1955年から2015年

日本の農業人口 1955年から2015年


日本の農業人口の1955年から2015年(昭和30年から平成27年)のまとめ解説です。

農業従事者の平均年齢は1995年に53歳でしたが、2015年に60歳でした。20年間で平均年齢が約7歳上昇しています。


日本の農業は、就業者の減少と就業者の高齢化が進んでいます。


【基礎知識+基礎技術】
科学の植物育成講座です。基礎知識・基礎技術をまとめて、演習用問題集にしてあります。初心者から中級者向けの難易度で、参考書や本の代わりに、独学用の教材として利用できます。

【農業技術検定試験+家庭菜園+ガーデニング】
対象は、農業技術検定試験受験者・ガーデニング・家庭菜園・園芸愛好家などです。はじめから学びたい方へ、理論・技術の両面からの解説しています。

【植物育成講座 依頼可能】
科学の植物育成講座をプロ家庭教師に指導依頼できます。

スポンサーさん

日本の農業人口 1955年から2015年


日本の農業人口の1955年から2015年(昭和30年から平成27年)のまとめ解説です。

日本の農業人口の1955年から2015年

日本の農業人口の1955年から2015年


日本の農業に従事する人口は1955年に604万人でしたが、2015年に215万人でした。60年間で農業従者の人口は約3分の1になっています。

農業従事者の平均年齢は1995年に53歳でしたが、2015年に60歳でした。20年間で平均年齢が約7歳上昇しています。


日本の農業は、就業者の減少と就業者の高齢化が進んでいます。


【日本農業 耕作放棄地】

日本の農業では、耕作放棄地(こうさくほうきち)も増えています。

耕作放棄地とは、農地を所有しているにもかかわらず、農地を利用しないで、放置してある土地です。
日本の耕作放棄地の1975年から2015年

日本の耕作放棄地の1975年から2015年


日本の耕作放棄地は、1975年に13万ヘクタールでしたが、2015年に42万ヘクタールでした。40年間で日本の耕作放棄地は約3倍になっています。



【参考文献】

農学 基礎知識技術編

スポンサーさん