論語

論語

論語

論語

論語 (ろんご) は、儒教の書物です。周の王朝が崩壊し、春秋戦国時代に突入した古代の中国大陸では、人間の心と社会の制度に秩序を与えることが大事だと説く儒教が生まれました。

儒教の大事な書物は、四書五経として、まとめられました。論語は、そのうちの筆頭となっています。

論語の中心人物は、儒教の聖人である孔子です。論語は、孔子と弟子との対話形式を取ります。先生と生徒による授業は、ここに由来します 。

論語の内容は、現代では、人文科学と社会科学の両分野にまたがる知恵が含まれており、一人の人間としては道が示され、人間集団の統治としては政が示されます。

共有です


目次です

---

スポンサーさん

---

スポンサーさん