錬金術(アルケミー) 古代中世の化学

錬金術(アルケミー) 古代中世の化学

錬金術(アルケミー) 古代中世の化学

錬金術(アルケミー) 古代中世の化学


錬金術(アルケミー)の歴史まとめです。化学の歴史(化学史)のまとめ解説用の副教材です。

公立高校・中高一貫校・大学受験生のためにプロ家庭教師がカリキュラム設計しています。無料の解説・問題・解答のダウンロードがあるので、初心者でも独学で勉強できます。

講義解説を読みながら、順番に問題を解き進めることで、基礎から化学の学力を完成していけます。


【科目】
化学(化学基礎+理論化学+有機化学+無機化学)

【領域】
知識(重要語句用語)
化学の歴史(化学史)

【単元】

【カリキュラム】
公立高校化学+大学受験化学

【教材プリントダウンロード】

【対象生徒】
化学初心者・公立高校・中高一貫校・大学受験生

【対応試験】
大学入学共通テスト(旧センター試験)
難関国立大学(東大・京大・旧帝大)
難関私立大学(慶応・早稲田・MARCH)

【プロ家庭教師 化学対策講座】
難関大学の化学対策講座カリキュラムをプロ家庭教師に指導依頼できます。


スポンサーさん

錬金術



【錬金術とは】

錬金術(れんきんじゅつ)とは、古代中世の時代の化学です。古代中世のヨーロッパで流行した。

錬金術はアラビア語のアルケミー(alchemy)を語源としています。古代中世の時代では、アラビアが自然科学では進歩していました。


【錬金術 パラケルスス】

有名な錬金術師として、パラケルスス(Paracelsus)がいます。彼は不老不死に導く賢者の石(けんじゃのいし)を求めたとされます。


【錬金術と現代化学】

錬金術には多くの誤りがありましたが、錬金術によって培われた実験技術は、現代化学の基盤となりました。またいくつかの物質の命名法も、錬金術から現代科学へ継承されています。


スポンサーさん