喉の慣用句

喉の慣用句

高校受験 ことば 慣用句 喉

高校受験 ことば 慣用句 喉


喉にまつわる慣用句をまとめています。

喉には、人間の欲求という意味があります。

喉が鳴ると、物が欲しくなり、喉から手が出ると、欲しくてしかたがなくなります。

スポンサーさん

慣用句 喉


【喉が鳴る】

ひらがな:のどがなる
意味:おいしいごちそうを目の前にして、食べたくてしかたがないこと。
例文1:彼女の作ったケーキが、喉が鳴るほどおいしそうだったので、うっとり見つめていたら、パーティーが始まるまで我慢してねと彼女に念を押された。
例文2:隣のクラスが、文化祭の試作で作ったドーナツが、喉が鳴るほどおいしそうだったので、つまみ食いをしてしまった。


【喉から手が出る】

ひらがな:のどからてがでる
意味:欲しくてたまらないこと。
例文1:喉から手が出るほど欲しいんだけど、それはちょっと値段が高すぎるなあ。
例文2:喉から手が出るほど、次の試合に勝ちたかった。

スポンサーさん