慣用句とは

慣用句とは

高校受験 ことば 慣用句とは

高校受験 ことば 慣用句とは


慣用句 (かんようく) とは、言葉と言葉が結びついて、独自の意味を持つようになったものです。

慣用とは、たくさん用いられてきて、慣れたという意味です。言葉は、人間の社会のなかで、何度も繰り返して用いられていくと、少しずつ変化して、独自の意味を持つようになります。

また、句とは、単語と単語が結びついたものです。

まとめると、慣用句とは、言葉と言葉の結びつきが、何度も何度も用いられていくうちに、慣れてきて、独自の意味を持ったものです。

スポンサーさん

慣用句 身体


慣用句には手を焼く足を洗うのように、しばしば人間の身体が登場します。

慣用句は、人間の身体感覚に根差しており、特に喉から手が出るは、傑作の慣用句だと思います。
私たちは、すごく欲しいものに出会うと、喉のあたりがむずむずして、いまにも何かが飛び出してきそうな感覚を味わいます。そのときの身体感覚を、喉から手が出るは、絶妙に表現できています。

慣用句は、簡単な言葉の組み合わせで、言葉の意味を飛躍させることができます。


                                       

慣用句 歴史


慣用句は、歴史を持っています。例えば、一国一城の主や油を売るは、時代を感じさせる慣用句です。
昔は、城に住んだり、油をゆっくり補充するのが、当たり前だったのでしょう。
私たちが生きている21世紀は、そうではありません。
しかし、慣用句を学ぶことで、過去の生きた人間の感覚に触れることができます。

慣用句 ことわざ


慣用句とことわざの違いは、あまりはっきりしていません。

どちらが慣用句で、どちらがことわざなのか、形にこだわって分類すると、袋小路に迷いこんでしまいます。

形にこだわるよりは、むしろ、内容に注目して、分類したほうが、わかりやすいです。慣用句は、言葉の結びつきに注目し、ことわざは、真理の伝達に注目しています。

例えば、「目を付けられる」は慣用句です。目を付けられるは、注意深く見られているだけで、どのように行動したらよいのか、教訓はありません。

一方で、壁に耳あり障子に目ありは、ことわざです。壁に耳あり障子に目ありは、ただ注意深く見られているだけではなく、人間社会ではさまざまなところから秘密が漏れるので、気をつけるようにと警告しています。ことわざが、真理や警句と呼ばれるのは、人間の生きる知恵を含んでいるからです。

慣用句もことわざも、言葉の不思議な魅力が感じられます。

スポンサーさん