卵子の性質 女性は30代で妊娠しにくくなる

卵子の性質 女性は30代で妊娠しにくくなる

卵子の性質 女性は30代で妊娠しにくくなる

卵子の性質 女性は30代で妊娠しにくくなる




【卵子の性質 女性は30代で妊娠しにくくなる】


女性の卵子は、30代から品質が落ち、妊娠しにくくなることが、分かっています。

妊娠のしにくさは、妊率にんりつとも呼ばれています。



【卵子の数は増えない】


女性の一生で、卵子の数は、あらかじめ決まっています。出生前が最大で、出生後にじょじょに減少していきます。

通常、毎月ひとつの卵子が、卵巣らんそうから排卵はいらんされていきます。

男性のせいは、思春期の後でも、次次に生産されていきます。



【卵子に悪い生活習慣】


卵子に悪い影響を与える生活習慣として、喫煙きつえん卵巣らんそうしゅじゅつがあります。





プロ家庭教師の知識整理ノートです。

指導歴10年以上の講師が執筆しています。



【領域】


生活習慣



【対象生徒】


中学生(中学1年+中学2年+中学3年)
高校生(高校1年+高校2年+高校3年)
18歳以上
保護者家庭


スポンサーさん

卵子の性質 用語集



用語:卵子(らんし)
英語:Ovum / Egg Cell
別名:卵(らん)
解説:卵子とは、女性の体内の生殖細胞の1つで、精子と合体して、新しい人間が生まれます。


用語:精子(せいし)
英語:Sperm
別名:精液(せいえき)
解説:精子とは、男性の体内の生殖細胞の1つで、卵子と合体して、新しい人間が生まれます。


用語:生殖細胞(せいしょくさいぼう)
英語:Gamete
別名:
解説:生殖細胞とは、精子と卵子のことです。


スポンサーさん