イーサネット

イーサネット

インターネット イーサネット

インターネット イーサネット


イーサネット(英:Ethernet)は、ネットワークの通信を可能にするための、仕様です。

イーサネットは、インターネットの基盤として、広く普及しており、IEEEによって管理されています。今後も、より速度を高めたイーサネットの仕様が、期待されています。

スポンサーさん

イーサネット 通信モデル

インターネット イーサネット 通信モデル

インターネット イーサネット 通信モデル


イーサネットは、OSIモデルにおいては、物理層を担当します。TCP/IPモデルにおいては、データリンク層・物理層を担当します。

イーサネット CSMA/CD


イーサネットは、CSMA/CD方式を、アクセス方式に採用しています。

CSMA/CD方式とは、正式には Carrier Sense Multiple Access with Collision Detectionで、日本語では、キャリア検出多重アクセス/衝突検出方式、と訳されます。
CSMA/CD方式では,データ送信の前に、他のデータ送信がないかを確認し、それから、データ送信します。
複数のコンピューターが、同時にデータ送信した場合は、衝突が起こり、データ送信が中断されます。
もし、衝突が検知された場合は、コンピューターは、一定の時間を待って、それから、再びデータ送信します。

データ送信するコンピューターが増えると、データ送信が混みあい、うまく送信できなくなる場合があります。
その結果、私たちは通信を「遅く」感じるようになります。

スポンサーさん