windows10 環境変数

windows10 環境変数

プログラミング windows10 環境変数

プログラミング windows10 環境変数


環境変数(かんきょうへんすう 英: environment variable)とは、よく用いるデータを、あらかじめオペレーションシステム (OS) に登録しておき、参照しやすくする機能です。

スポンサーさん

環境変数 イメージ

Windows 環境変数 イメージ

Windows 環境変数 イメージ


アプリケーションにデータが欲しい場合、直接にデータを参照するのではなく、いったんOSに問合せをすることがあります。

そのときに、OSは、あらかじめ設定された環境変数によって、データの場所を特定します。
環境変数が設定されていることを、「パスが通っている」と呼ぶことがあります。

環境変数 システム

windows10 環境変数 システム

windows10 環境変数 システム


コマンドプロンプトの画面に sysdm.cpl と入力してください。キーボードで「Enter」を押すと、システム画面が起動します。

環境変数 タブ

windows10 環境変数 タブ

windows10 環境変数 タブ


システム画面にはタブが並んでいますので、「詳細設定」のタブをクリックします。

環境変数 環境変数

windows10 環境変数

windows10 環境変数


画面の右下に、「環境変数」と表示されているボタンがありますので、クリックしましょう。

環境変数 画面

windows10 環境変数 画面

windows10 環境変数 画面


環境変数の設定画面が、無事に表示されました。これで、環境変数の設定ができるようになります。

画面は上下に分かれており、「ユーザー環境変数」と「システム環境変数」があります。

「ユーザー環境変数」は、特定のユーザーごとに、パスを通します。
「システム環境変数」は、すべてのユーザーに、パスを通します。

スポンサーさん