早稲田大学 政治経済 傾向対策解答解説 2018

早稲田大学 政治経済 傾向対策解答解説 2018

英語 過去問 早稲田 政治経済 2018

英語 過去問 早稲田 政治経済 2018


早稲田大学政治経済学部の過去問の解答・解説・全訳です。プロ家庭教師が受験生の早稲田大学入学試験対策のために出題傾向を分析・解説します。

早稲田大学政治経済学部への合格対策カリキュラムをプロ家庭教師に指導依頼できます。

【大学】:早稲田大学
【学部】:政治経済学部
【年度】:2018年

【大問】: 1
【形式】: 適語補充+文章理解
【表題】: 機械の行進 march of the machines
【作者】: エコノミスト Economist
【対策】: 説明文。長文を読み進めながら適語補充し、最後にまとめて内容理解が問われます。解答形式は大問1から4は同じものとなっています。文章の内容は、AIがどのように雇用に影響を与え、政府はどのような社会的支援ができるかを述べています。
【用語】: AI 雇用 社会保障 教育訓練 産業革命
【目安時間】: 20分

【大問】: 2
【形式】: 適語補充+文章理解
【表題】: ポップカルチャーは冷戦の勝利にどのように貢献したか how pop culture helped win the cold war
【作者】: ドミニク・サンドブルック Dominic Sandbrook
【対策】: 随筆文。長文を読み進めながら適語補充し、最後にまとめて内容理解が問われます。解答形式は大問1から4は同じものとなっています。文章の内容は、米ソの冷戦にどのようにポップカルチャーが貢献したのかをまとめています。「映画OO7」などのサブカルチャーの知識が必要で、やや趣味に走った出題です。対策としては、政治経済学部の問題に加えて、文学部・文化構想学部の問題も演習しておくとよいでしょう。
【用語】: 冷戦 文化 ポップカルチャー 経済成長
【目安時間】: 20分

【大問】: 3
【形式】: 適語補充+文章理解
【表題】: 大人になる?若さの時代への破壊的思考 Why Grow Up? Subversive 2015 for an Infantile Age
【作者】: スーザン・ネイマン Susan Neiman
【対策】: 随筆文。長文を読み進めながら適語補充し、最後にまとめて内容理解が問われます。解答形式は大問1から4は同じものとなっています。文章の内容は、インターネットとスマートフォンが定着した社会で、情報とどのように付き合うべきかを考察しています。筆者は哲学者で、プラトンやモンテスキューからの引用があります。政治経済学部ではなく、リベラルアーツ分野からの出題です。
【用語】: スマートフォン 生活時間 情報 リベラルアーツ
【目安時間】: 20分

【大問】: 4
【形式】: 適語補充+文章理解
【表題】: 旅行先を決める
【作者】: ー
【対策】: 会話文。長文を読み進めながら適語補充し、最後にまとめて内容理解が問われます。大問1から4は同じ解答形式となります。
【用語】: 旅行 予定 会話
【目安時間】: 15分

【大問】: 5
【形式】: 英作文
【表題】: 政府企業の女性活用について women in key positions in the government and major corporations
【作者】: ー
【対策】: 100WORDS前後の本格的な自由英作文です。論点は「日本の政府企業は女性活用をするために立法すべきかどうか」で法律経済分野の内容です。単純にYES/NOで解答するのではなく、どの論点を扱うのかをしっかりと整理してから書き始めたいです。段落・反論・引用・支持理由などの構成をを意識して、時間内に文章を仕上げる練習が求められます。対策として経済社会で注目を集めている論点から出題されるので、日頃から法律経済のニュースに触れて、知識を養っておくとよいでしょう。
【用語】: 論述 反対意見 引用
【目安時間】: 15分

早稲田政治経済 2018問題1


1 Read this article and answer the questions below.

Experts warn of the danger of “the substitution of machinery for human labor.” They worry that "the discovery of this mighty power” has come before we knew how to employ it rightly." Such fears are expressed today by those who worry that advances in artificial intelligence (AI) could destroy millions of jobs and pose a Terminator-style threat to humanity. But these are in fact the words of commentators discussing mechanization and steam power two centuries ago. Back then, the controversy over the dangers posed by machines was known as the "machinery question.” Now, in our own time, a similar debate is taking place.

After many false dawns, AI has made extraordinary progress in the past few years, thanks to a technique called "deep learning.” Given enough data, large (or “deep") neural networks, modeled on the brain's architecture, can be trained to do all kinds of things. They power Google's search engine, Facebook's automatic photo tagging, Apple's voice assistant, Amazon's shopping recommendations, and Tesla's self-driving cars. But this rapid progress has also led to concerns about safety and job losses. Stephen Hawking, Elon Musk, and others wonder whether AI could get out of control, sparking a sciencefiction conflict between people and machines. Others worry that AI will cause widespread unemployment by automating knowledge-based tasks that could previously be done only by people. After 200 years, the machinery question is back. It needs to be answered.

The most alarming scenario is of AI turning evil, as seen in countless sci-fi films. It is the modern expression of an old fear, going back to Frankenstein (1818) and beyond. But although Al systems are impressive, they can perform only very specific tasks: a general Al capable of outsmarting its human creators remains a distant and uncertain prospect. Worrying about it is like worrying about overpopulation on Mars before colonists have even set foot there, says Andrew Ng, an AI researcher. The more urgent aspect of the machinery question is what impact AI might have on people's jobs and way of life.

This fear also has a long history. Panics about "technological unemployment” struck in the 1960s (when firms first installed computers and robots) and the 1980s (when PCs landed on desks). Each time, it seemed that widespread automation of skilled workers' jobs was just ( A ).

Each time, in fact, technology ultimately created more jobs than it destroyed, as the automation of one task increased demand for people to do the related tasks that were still beyond machines. Replacing some bank tellers with ATMs, for example, ( B ), creating many more new jobs in sales and customer service. Similarly, e-commerce has increased overall employment in retailing. As with the introduction of computing into offices, AI will not so much replace workers directly as require them to gain new skills to support and complement it. Although an influential paper suggests that up to 47% of American jobs face potential automation in the next decade or two, other studies estimate that less than 10% will actually go.

Even if job losses in the short term are likely to be more than made up for by the creation of new jobs in the long term, the experience of the 19th century shows that the change can be stressful and upsetting. Economic growth took off after centuries of living standards that did not improve, but decades passed before this was fully reflected in higher wages. The rapid shift of growing populations from farms to urban factories contributed to discontent across Europe. Governments took a century to respond with new education and welfare systems.

This time the shift is likely to be faster, as technologies spread more quickly than they did 200 years ago. Income inequality is already growing, because high-skill workers benefit much more than lowskill workers when technology complements their jobs. This poses two challenges for employers and policymakers: how to help existing workers acquire new skills; and how to prepare future generations for a workplace filled with AI.

As technology changes the skills needed for each profession, workers will have to adjust. That will mean making education and training flexible enough to teach new skills quickly and efficiently. It will require a greater emphasis on lifelong learning and on-the-job training, and wider use of online learning and video-game-style simulation. AI may itself help by personalizing computer-based learning and by identifying workers' skills gaps and opportunities for retraining.
Social and character skills will matter more, too. When jobs do not last, technologies come and go, and people's working lives are longer, social skills are a foundation. They can give humans an advantage, helping them do work that calls for human and emotional interaction-characteristics that are beyond machines.

And welfare systems will have to be updated, to smooth the transitions between jobs and to support workers while they pick up new skills. ( C ) This allows benefits, pensions, and health care to follow individual workers rather than being tied to employers.

Despite the march of technology, there is little sign that industrial-era education and welfare systems are yet being modernized and made flexible. Policymakers need to get going now because the longer they delay, the greater the burden on the welfare state. John Stuart Mill noted in the 1840s that nothing was more worthy of a lawmaker's attention than looking after those whose lives are disrupted by technology. That was true in the era of the steam engine, and it remains true in the era of artificial intelligence.
(Adapted from https://www.economist.com/leaders/2016/06/25/march-of-the-machines.html What history tells us about the future of artificial intelligence—and how society should respond)


1 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer notes that the technique of "deep learning”

(a) eliminates the need to continue educating humans in schools.
(b) has contributed little to technological progress at firms like Google.
(c) is based on the patterns of thought processes in the human brain.
(d) promises to end the conflict between people and machines.
(e) was developed by Stephen Hawking to reduce unemployment.


2 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer seems most concerned about the way AI might

(a) create a monster like the one in Frankenstein.
(b) influence our lifestyles and work practices.
(c) lead to a population explosion on the earth.
(d) reduce the basic level of human intelligence.
(e) use humans to gain control over the world.


3 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (A).

(a) around the corner
(b) behind the curtains
(c) on the ground
(d) out of order
(e) over the edge


4 Use the seven words below to fill in blank space (B) in the best way. Indicate your choices for the second, fourth, and sixth positions.

(a) branches
(b) cheaper
(c) it
(d) made
(e) new
(f) open
(g) to


5 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. According to the writer, the challenges of Al can be met by

(a) allowing AI to control workplace training programs.
(b) ensuring that low-skill workers are paid as much as high-skill workers.
(c) guaranteeing that over half of future jobs will be given to human beings.
(d) requiring workers themselves to have improved technological skills,
(e) shifting more knowledge-based jobs to rural areas.


6 Choose the most suitable order of sentences from those below to fill in blank space (C).

(a) A more practical approach is Denmark's “flexicurity" system, which lets firms hire and fire
easily, while supporting unemployed workers as they retrain and look for new jobs.
(b) But such a scheme would not make sense without strong evidence that this technological
revolution, unlike previous ones, is decreasing the demand for labor.
(c) One scheme widely promoted as an ideal solution is a "basic income," paid to everybody regardless of their situation,



7 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer concludes that to match the AI era,

(a) lawmakers will have to be supported by computerized systems of decision making.
(b) policymakers need to focus on updating social welfare and education.
(e) technological development ought to be delayed to prevent serious social problems.
(d) the arguments of John Stuart Mill about technology should be questioned.
(e) the government must be freed from the burden of supporting human workers.

早稲田政治経済 2018問題1 解答


解答
1 c
2 a
3 a
4 c - g - a
5 a
6 a
7 b

早稲田政治経済 2018問題1 解説


解説

【問題について】

4 made it cheaper to open new branches
ここでの branches は「枝」ではなく「支店」を意味します。

【Frankenstein】
フランケンシュタインは、1818年にメアリー・シェリーが執筆したSF小説です。SF小説の古典であり、科学技術によって人造人間を生み出すという発想を世に広めました。作品背景として、科学があらゆることを可能にすると信じる科学万能主義を読み取りたいです。現代への影響として、スポーツにおける薬物強化、医療におけるサイボーグ、食物の遺伝子組換、人間の人工受精などがあります。


【terminator】
ターミネーターは、1984年にジェームズ・キャメロンが監督したSF映画です。人造人間を、迫真性のある映像で表現しました。


【skill】
skill は技術・技能などと訳されます。スキルは訓練によって人間が習得した技術のことです。知識は「知る」ことに重点がありますが、スキルは「できる」ことに重点があります。スキルとテクノロジーは、どちらも「技術」と訳されますが、スキルは人間の身体蓄積される技術であり、またテクノロジーは科学技術によって物質を扱う技術という違いがあります。


【social and character skills】
スキルはいくつかに分類されています。
social skill は社会で他人と上手に交流するためのスキルで、コミュニケーション力とも呼ばれています。
character skill は社会が求める人格のスキルです。自己管理(self-control) ・継続力(resilience)・態度(attitude)などが含まれています。いずれのスキルも、AIが登場した世界では、人間に価値を与えるものと考えられています。


【steam engine】
steam engine は蒸気機関と訳されます。初期の産業革命では主要な動力として採用されましたが、やがて他の動力に代替されました。現在では古典的な技術になっています。


【重要表現】
policymaker 政策立案者

早稲田政治経済 2018問題1 全訳


全訳

専門家たちは「人間労働の機械への置き換え」の危険性を警告している。彼らは「この強力な力の発見は、それを正しく用いる方法を知る前に起きている」と心配する。このような心配は、人工知能(AI)の進歩が何百万もの雇用を破壊し、人類に対してターミネーターのような脅威をもたらす可能性があると心配する人々によって、今日表現されている。しかし、これは実際には2世紀前に、機械化と蒸気機関を議論した解説者の言葉だった。その当時、機械によってもたらされた危険に関する論争は、「機械の問題」として知られていた。現在、私たち自身の時代において、同様の議論が起こっている。

何回かの偽物の出現の後に、ディープラーニングという技術のおかげで、AIは過去数年間で著しい進歩を遂げた。十分なデータが与えられれば、脳の構造をモデルとした大規模な(または深い)ニューラルネットワークはあらゆる種類のことができるように訓練される。彼らは、Googleの検索エンジン、Facebookの自動写真タグ付け、Appleのボイスアシスタント、Amazonのショッピングおすすめ、そしてTeslaの自動運転への力を与える。しかし、この急速な進歩は安全性と雇用の損失に対する心配にもつながっている。

スティーブン・ホーキングス、イーロン・マスクそして他の人々は、AIが制御不能になり、人々と機械の間で、SFのような衝突を引き起こすかどうか疑問に思っている。他の人々は、以前は人間だけができる知識基盤の仕事を自動化することで、AIが広範囲な失業を引き起こすと心配している。200年後、機械化の問題が戻ってきた。答えが必要だ。

最も警戒すべきシナリオは、無数のSF映画で見られるように、AIが邪悪になることだ。それはフランケンシュタイン(1818年)以降にさかのぼる古典的な恐怖の、現代版だ。しかし、Alの仕組みは印象的だが、非常に限定された仕事しか実行できない。人間の開発者を圧倒できるような一般的なAlはまだ遠く、不確実な見込みのままだ。それについて心配しているのは、植民者たちがそこに足を踏み入れる前に、火星の過密を心配するようなものだとAI研究員のアンドリュー・Ngは言う。機械化問題のより緊急な側面は、AIが人の仕事や生活様式にどのような影響を与えるかということだ。

この恐怖にも長い歴史がある。「技術的失業」については、1960年代(コンピュータとロボットを最初に導入したとき)と1980年代(PCが職場の机に到着したとき)に、混乱が発勃発した。そのたびに熟練労働者の仕事の広範囲な自動化がすぐそこにやってくるように見えた。

そのたびに、実際はテクノロジーは1つの仕事の自動化によって、人間は機械のできない関連する仕事を実行するという要求が高まったため、最終的には破壊されたものよりも、さらに多くの雇用を創出した。たとえば、銀行の窓口担当者をATMと交換することで、新しい支店開設が安くできるようになり、営業やカスタマーサービスにさらに多くの新しい仕事が生まれた。同様に、電子商取引は小売業における全体的な雇用を増加させた。オフィスへのコンピューターの導入と同様に、AIはそれを整備し補完するための新しい技術を必要とするため、労働者を直接的に置き換えることはあまりない。影響力のある論文では、アメリカの雇用の47%が今後10年から20年で自動化される可能性に直面していると示唆されているが、他の調査では実際には10%未満になると推定されている。

たとえ短期的な雇用損失が長期的に新しい雇用の創出によって補完されるものであったとしても、19世紀の経験はその変化が苦痛と不安を引き起こす可能性があると示している。経済成長は、何世紀にもわたって改善されなかった生活水準の後に始まり、それまでの数十年の時間の経過は、より高い賃金へと反映された。農家から都市工場への人口の急激な変化は、ヨーロッパ全体では不満を募らせた。政府は新しい教育と福祉制度に対応するために、一世紀を要した。

今回の変化は、200年前よりも速く技術が普及するので、より速くなる可能性がある。所得格差はすでに拡大していて、高技能労働者は、科学技術が低技能労働者の仕事を補完しているときには、低技能労働者よりもはるかに多くの利益を得るからだ。これは、雇用者と政策立案者にとって2つの挑戦となる。既存の労働者に新しい技術の習得をどうやって支援するか、AIで満たされた職場のために未来の世代はどうやって準備するか。

テクノロジーが各職業に必要な技術を変えるにつれて、労働者は対応しなければならないだろう。それは、新しい技術を迅速かつ効率的に教えるために、教育と訓練を十分に柔軟にすることを意味する。生涯学習や職場での訓練、オンライン学習やビデオゲームスタイルのシミュレーションの幅広い利用の重視が求められる。
AI自身も、コンピュータベースの学習を個別対応することによって、また再訓練のための労働者の技術の不足や機会を特定することによって、助けるかもしれない。

社交能力や自己管理能力も重要だ。雇用が持続せず、テクノロジーが行き来し、人々の就労年月が長くなれば、社交能力は基盤になる。彼らは人間に優位性を与え、人間以外の感情的な相互作用を必要とする仕事を支援する。

また、職場間の移行を円滑にし、労働者が新しいスキルを習得するのを支援するために、福祉制度を改革する必要がある。より実践的な政策は、デンマークの「フレキシカリティ」制度で、企業が雇用し解雇することを容易にする一方で、失業した労働者を再訓練して新たな雇用探しを支援する。

テクノロジーの進歩にもかかわらず、工業化社会の教育と福祉制度が現代的で柔軟になるという兆候はほとんどない。政策立案者は、今すぐに立ち向かう必要があり、遅れれば遅れるほど福祉国家への負担が大きくなる。ジョン・スチュアート・ミルは、1840年代に、テクノロジーによって混乱した人たちを助けるためには、政策立案者の注意よりも価値があるものはないと指摘した。それは蒸気機関の時代に当てはまり、人工知能の時代にも当てはまる。

早稲田政治経済 2018問題2


2 Read this article and answer the questions below.

For many people, the great paradox of the Cold War was that it was at once utterly terrifying and strangely glamorous. One example tells a wider story. Almost exactly 50 years ago, the dust was still settling after the high-risk confrontation of the Cuban Missile Crisis, when the world had come closer than ever before to nuclear destruction. A year later, the print media reported a new twist in the nuclear game with the news that France's Mirage 4 bombers had just come into operation. Yet the newspapers in October 1963 devoted rather more attention to a very different story-a second cinematic appearance for a secret agent who, as one critic put it, "acts out our less respectable fantasies without ever going too far.” The film was From Russia With Love; the hero, of course, was that supreme representative of British heroism, James Bond - Agent 007.

Today, Bond has become such a familiar personification of British style that it is easy to lose sight of his Cold War origins. In Ian Fleming's early novels, Bond was explicitly an instrument for bashing the Communists. On the screen, however, Bond's Cold War connections were ( A ) : his early enemies, for example, work for the fictional international crime network SPECTRE, not (as in the books) the Soviet intelligence agency SMERSH, while the films' obsession with novelty, fashion, and design felt a long way from Fleming's unbending conservatism. Yet in its way, even the aggressive product placement of the Bond films was a weapon in the wider Cold War.

As novelist and former spy John le Carré, one of Bond's biggest critics, remarked, the films promoted nothing so much as the "consumer-goods ethic”-a central element of the economic miracle that had transformed everyday life in Britain during the 1950s and 1960s. For le Carré, Bond's gadgets, "the things on our desk that could explode, our ties that could suddenly take photographs, give to a colorless and materialistic existence a kind of magic.” But for many ordinary people, the life le Carré dismissed as tastelessly materialistic actually represented an amazing advance towards comfort and prosperity something the backward Communist economies could never provide. In that respect, Bond's gadgets really did make a difference.

The West's cultural offensive was not, of course, limited to the cinema. Even modern art did not ( B ) political pressures: during the 1950s and 1960s, American abstract-expressionist painters such as Jackson Pollock, Mark Rothko, and Willem de Kooning were heavily sponsored by the CIA, who hoped to advertise the freedom and creativity of the capitalist system. For my money, though, the most powerful British expressions of the Cold War came on the small screen.

The conflict came at the same time as the rise of TV as a mass medium; indeed, millions of ordinary people experienced it above all as a television phenomenon. It was the BBC's groundbreaking adaptation of George Orwell's novel Nineteen Eighty-Four, for example, that fixed in many people's minds the feel of a totalitarian society: the greyness, the strict social order, the atmosphere of fear. Conservative Party politicians warned that ”many of the inhuman practices depicted in Nineteen Eighty Four are already in common use under totalitarian regimes” and praised “the sincere attempts of the BBC to bring home to the British people the logical and soul-destroying consequences of the surrender of their freedom."

Not all the BBC's contributions to the Cold War, however, went down quite so well with the politicians of the day. In 1965, the brilliantly talented director Peter Watkins made a 50-minute docudrama about the consequences of a nuclear attack, The War Game. Watkins pulled no punches: at the end, we see British soldiers burning dead bodies, while criminals clash with the police during food riots. But after talking to government officials, the BBC decided not to show it-a sign, many critics thought, of its surrender to Establishment interests. That the film won an Academy Award the following year only deepened the BBC's embarrassment, and to many viewers' intense frustration, The War Game was not shown on British television for 20 years.

By then, however, the BBC had regained its reputation with perhaps the most disturbing Cold War fiction of all - Threads, which explores the impact on two families in the city of Sheffield of a nuclear attack. I was too young to watch it at the time, since in 1984 I was only 10, but I can still remember the terrifying cover of the Radio Times, which showed a shotgun-carrying traffic warden, his grim face wrapped in a bloody bandage. Indeed, even now I challenge anybody to watch Threads all the way through to its shocking science-fiction-style conclusion and sleep easily afterwards. Hundreds of viewers wrote to the BBC, many commending the film's writer, Barry Hines, and director, Mick Jackson, on their courage and honesty.

The great irony was that even as half the population were telling polls they expected to see World War Three in their lifetime, the end of the Cold War was only a few years away. For decades, ( C ) the Red Menace, with many people genuinely afraid that the Soviet version of modernity would prove more efficient, more ruthless, and more lasting than our own. Yet by the 1980s, the Communist model had proved ineffective. While millions of British consumers were shopping for new microwaves, video recorders, and compact-disc players, ordinary Soviet citizens were lining up for bread.

( D ) It was little wonder, then, that the Soviet authorities regarded pop music with such complete fear.

In the Eighties, such popular musical artists as Judas Priest, 10cc, and Pink Floyd were criticized for racist anticommunism, neofascism, and “misrepresenting Soviet foreign policy." So when the West Berlin authorities organized a three-day concert to mark the city's 750th anniversary in June 1987, it was both appropriate and revealing that the headliners were British: David Bowie, Eurythmics, and, on the final night, Genesis, whose lead singer, Phil Collins, had memorized a few German phrases for the occasion.

On the other side of the Wall, hundreds of young East Berliners climbed trees, clambered up chimneys, and packed onto balconies to get a look at their Western idols. Some brave souls even danced in front of the Soviet embassy, leading to battles with the East German police. All across the city, crowds chanted: “The Wall must go.” They did not have long to wait; just over two years later, the borders opened, the Wall came down, and the Cold War was over. Almost overnight, the shadow of the bomb had been lifted. Perhaps it is only a slight exaggeration, then, to say that the man who really ended the Cold War was not Ronald Reagan or Mikhail Gorbachev-but Phil Collins.

Adapted from https://www.telegraph.co.uk/culture/10441108/How-pop-culture-helped-win-the-Cold-War.html
'How pop culture helped win the Cold War' by Dominic Sandbrook.


1 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (A).

(a) criticized by the CIA
(b) expressed by his criminal behavior
(c) pushed into the background
(d) reflected in his fashionable suits
(e) revealed by Soviet agents


2 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer notes that John le Carré criticized James Bond's spy gadgets because he considered them to be

(a) childish devices with no practical purpose.
(b) outdated examples of modern technology.
(c) shallow symbols of Western materialism.
(d) too expensive for ordinary consumers.
(e) too important to be shown in a popular film.


3 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (B).

(a) account for
(b) deal with
(c) depend on
(d) escape from
(e) respond to


4 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. One point that the writer makes about the TV docudrama The War Game is that

(a) British politicians thought that it too closely resembled the novel Nineteen Eighty-Four.
(b) food riots broke out in Britain soon after the BBC showed the program.
(c) some critics thought that the BBC gave in to government pressure not to show it in Britain.
(d) the director was strongly criticized for expressing totalitarian political views.
(e) the program only received an Academy Award 20 years after it was shown on TV.


5 Use six of the seven words below to fill in blank space (C) in the best way. Indicate your choices for the second, fourth, and sixth positions.

(a) Britain
(b) favored
(c) fear
(d) had
(e) in
(f) lived
(g) of


6 Choose the most suitable order of sentences from those below to fill in blank space (D).

(a) Ever since the days of the Beatles, for example, British pop and rock music had been finding
their way into the Soviet bloc, if only in the form of second-rate cover versions by the state
approved record label Melodiya.
(b) Meanwhile, thanks partly to the worldwide success of our pop culture, Western capitalism had
become a guiding light for the oppressed peoples of Eastern Europe.
(c) To young people starved of liberty and eager for a better life, British music represented not just freedom and fun, but modernity and self-expression.



7 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. Regarding the 1980s, the writer suggests that

(a) fear of nuclear weapons increased rapidly after the concert in West Berlin.
(b) increasing admiration for Western culture helped decide the outcome of the Cold War.
(c) the Cold War ended as a result of a military clash between the U.S. and the Soviet Union.
(d) the East German police were too gentle with participants in the 1987 protest.
(e) the West won the Cold War because of its superiority in material resources.

早稲田政治経済 2018問題2 解答


解答
1 c
2 c
3 d
4 c
5 d-e-g
6 b-a-c
7 b

早稲田政治経済 2018問題2 解説


解説

【問題について】
5 Britain had lived in fear of


【bashing】
bashing は叩くことですが、特に相手の権威を失墜されるためにする社会的な攻撃を指します。バッシングとカタカナで書かれることもあります。

【product placement】
product placement は商品広告の技術の1つで、映像・写真の中にさりげなく商品を陳列し、消費者の購買意欲を刺激します。プロダクト・プレイスメントとカタカナで訳される場合もあります。プロダクト・プレイスメントの有名な事例として映画「007」や「ティファニーで朝食を」が挙げられます。
「007」では、主人公の衣服・カバン・靴などへ、プロダクト・プレイスメントとしてさりげなく商品広告を紛れこませています。
「ティファニーで朝食を」では、商品の消費行動そのものが、映画の場面となっています。

【novel Nineteen Eighty-Four】
ジョージ・オーウェルの小説「1984年」の題名です。出版された1949年から見た未来の世界を描いたSF小説です。国家による全体主義社会が登場し、現代社会へさまざま示唆を与えています。



【重要単語】
pull no punches 手加減しない
dismiss 却下する
For my money 私の意見では
pull no punches 手加減しない
warden 刑務所所長

早稲田政治経済 2018問題2 全訳


全訳

多くの人々にとって、冷戦の大きな矛盾は、まったく恐ろしいものでありながら、同時に、奇妙なほど魅力的だったということだ。1つの例はより広い話を伝える。ほぼ50年前、キューバのミサイル危機の危険性の高い対立の後、世界がかつてないほど原子力による崩壊に近づいていた時代で、騒ぎは塵のようにやっと落ちつこうとしていた。

1年後、フランスのミラージュ4爆撃機がちょうど運転開始されたという報道で、印刷メディアは核戦力に新たな展開を起こしたと報告した。しかし、1963年10月の新聞は、非常に異なった物語にかなり注意を払っていた。批評家は「たいしたものではないが、私たちのあまり好ましくない幻想を演出した」と言ったような、秘密諜報員が登場する映画の第2弾だった。その映画は「ロシアより愛を込めて」で、主役はもちろん、イギリスの英雄主義の究極の代表であるジェームスボンド、諜報員007だった。

今日、ボンドは慣れ親しんだイギリスらしさの擬人化になっているので、その冷戦の起源を見失いやすい。イアン・フレミングの初期の小説では、ボンドは明らかに共産主義者を批判する道具だった。しかし、映画版では、ボンドと冷戦の結びつきは背景に後退した。例えば、彼の初期の敵は、ソ連の諜報機関SMERSHではなく、架空の国際犯罪ネットワークSPECTERのために仕事をしていて、同時に、映画は目新しさ、ファッション、デザインにこだわり、フレミングの硬派な保守主義からかなり遠ざかるように感じられた。しかし、この手法自体、ボンド映画の積極的な商品陳列さえも、より広い意味での冷戦における武器だった。

ボンドの最大の批評家の一人で元諜報員の小説家ジョン・ル・カレー氏は、映画は「消費生活の倫理」を促進しているだけだと述べたが、それは1950年代と1960年代の英国の日常生活を変えた奇跡の経済成長の中心的要素だった。カレー氏にとっては、ボンドの小道具は「机の上で爆発するものや、いきなり写真を撮ることができるネクタイは、無機質な物質的な存在を、ある種の魔法のようなものにする」。しかし、多くの普通の人にとって、カレー氏が味気ない物質主義として却下した生活は、慰めと繁栄に向けた驚くべき進歩を象徴していて、遅れている共産主義経済が決して与えることのできない何かだった。その点で、ボンドの小道具は本当に差をつけた。

もちろん、西側の文化的攻撃は映画に限られていなかった。現代美術でさえ政治圧力から自由ではなかった。1950年代から1960年代にかけて、ジャクソン・ポロック、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニングなどのアメリカの抽象表現主義者画家たちを、CIAは後援し、資本主義制度の自由と創造性を宣伝することを望んでいた。とはいえ、私の意見では、最も強力な英国冷戦の表現は、小さな画面に現れた。

紛争は、マスメディアとしてのテレビの台頭と同時に起こった。確かに、何百万人もの人々がそれをテレビの現象として経験した。例えば、BBCの画期的な映像化だったジョージ・オーウェルの小説「1945年」は、多くの人々の心に全体主義的な社会の感情を固定した。灰色で、厳しい社会統制、恐怖の​​雰囲気。保守党の政治家は、「1984の作品に描写された多くの非人道的な行為は、すでに全体主義体制のもとで一般に使用されている」と警告し、「BBCの誠実な試みが、英国の人々を、自らの自由を放棄するという論理的かつ魂を破壊する結果から、元通りに戻した」と称賛した。

しかし、BBCのすべての冷戦への貢献が、当時の政治家たちとは非常にうまくいったわけではなかった。1965年、素晴らしい才能を持つ映画監督のピーター・ワトキンスは、核攻撃の結果について「ウォー・ゲーム」という50分のドキュメンタルドラマを作った。ワトキンスは手加減をしなった。最後に、英国の兵士が死体を燃やしているのが見え、犯罪者は食糧暴動時に警察と衝突する。しかし、政府関係者と話し合った後、BBCはそれを公開しないと決めた。それは支配者層の利益へ屈服した証だと多くの批評家は思った。翌年にはアカデミー賞を受賞したため、BBCの汚名は深まり、多くの視聴者の激しい不満にかかわらず、ウォー・ゲームは英国のテレビでは20年間公開されなかった。

しかし、それまでにBBCは、すべてのなかで恐らく最も恐ろしい冷戦作品で、評判を取り戻した。それはスレッズで、核攻撃によるシェフィールド市の2つの家族への影響を調査したものだった。
1984年に私はたった10歳だったので、それを見るには若すぎた。しかし、ラジオタイムズの恐ろしい表紙をいまだに覚えている。ショットガンを持った刑務官現れて、彼の恐ろしい顔は血塗れの包帯で巻かれていた。確かに、今でさえ、スレッズを見て、その衝撃的なSF流の結末の後で、簡単に眠れるかどうか、みんなに挑戦してみてほしいと私は思う。何百人の視聴者が、BBCへ、映画作家バリー・ハインズと監督ミック・ジャクソンの勇気と誠実さを賞賛したと、書き送った。

偉大な皮肉は、人口の半分が世論調査で、自分の人生のなかで第3次世界大戦を見ることを予想していたと伝えていたが、、冷戦の終焉はわずか数年先だったということだ。何十年もの間、英国は赤の脅威(訳注:映画の題名)を恐れて暮らしていた。多くの人々は、ソ連流の現代化が、私たちのものよりも、効率的で、無慈悲で、永遠に続くと証明されることを、心から恐れてた。しかし、1980年代までに、共産主義体制はうまくいかないことが判明した。何百万人もの英国の消費者が新しい電子レンジ、ビデオレコーダー、コンパクトディスクプレーヤーを購入していたのに対して、一般のソ連市民はパンのために並んでいた。

一方で、一部にはポップカルチャーの世界的な成功のおかげで、西側の資本主義は、東欧の抑圧された人々の導きの光となっていた。例えば、ビートルズの時代から、英国のポップとロック・ミュージックは、国家公認のレコードレーベルのメロディアによる二次的なカバー版の形であれば、ソビエトブロックへ進出していた。自由を失い、より良い生活を切望する若者たちにとって、英国の音楽は、自由と楽しさだけでなく、現代性と自己表現を代表していた。それなら、ソ連の支配者層が、ポップミュージックをこのような完全な恐怖で受けとめていることに、なにも不思議はなかった。

80年代にはジューダス・プリースト、10cc、ピンク・フロイドといった人気ミュージシャンが、人種差別主義、ネオファシズム、「ソ連外交政策の偽装」などで批判された。だから、1987年6月に、西ベルリン市役所が750年記念として3日間のコンサートを開催した時、イギリス人が冒頭を飾ったのは適切で明らかなことだった。デイヴィッド・ボウイ、ユーリズミックス、そして最後の夜にはジェネシスで、そのリードシンガー、フィル・コリンズはこの機会にいくつかのドイツ語の言い回しを覚えていた。

壁の向こう側では、何百人もの若い東ベルリンの人々が木を登り、煙突を上って、西洋のアイドルを見るためにバルコニーに詰め込まれた。いくつかの勇敢な人間は、ソビエト大使館の前で踊っていて、東ドイツ警察との衝突に発展した。都市のいたるところで、群衆は叫んだ。「壁はなくならなければならない」。彼らはあまり長く待つことはかった。ちょうど2年後に、国境が開かれ、壁が崩壊し、冷戦が終わった。ほぼ一晩で、爆弾の恐怖の影は取り払われた。おそらく、冷戦を終結した人物は、ロナルド・レーガンやミハイル・ゴルバチョフではないのであれば、フィル・コリンズであったと言うのは、わずかに誇張しているだけかもしれない。

早稲田政治経済 2018問題3


3 Read this article and answer the questions below.

I am not sure that we know what the internet is, for whenever we think we've grasped it, a new function appears that extends its possibilities further than ever imagined. But whatever it is, it is surely a source of addiction, just as drugs and alcohol can lead to addiction. Its terminology is itself appealing: “cyberspace” hints at a place somewhere far away, while “surfing” recalls the skill and grace of those who can ride the sea.

But I believe the internet mostly appeals to human needs for activity: the delight on the face of a small child feeding pigeons is the thrill of making something happen, affecting the world. When you read on the web you are not held in place by an author's ( A ); you can always decide to click, click again. It's activity that can feel exciting, but also extremely intense, and its relation to real action is no different than the relation between fast food and a warm, well-cooked stew.

For user activity is there, but it is less ( B ). We no longer notice how being online takes our days out of our hands, leaving us waiting for news that might send us in another direction, if only to respond to an ad or an email.

Nicholas Carr explains: Whenever we, as readers, come upon a link, we have to pause, for at least a split second, to allow our brain to evaluate whether or not we should click on it. The redirection of our mental resources, from reading words to making judgments, may escape our notice-our brains are quick-but it's been shown to block comprehension and memory, particularly when it's ( C ). (The Shallows, p. 132)

Of course, it's possible to be influenced by an old-fashioned letter or a chance meeting, but the speed and volume of electronic communication leaves us much more vulnerable to the wishes of others. Even a day off the web will make this clear: try getting up in the morning and planning your time without hoping for, or dreading, a message that could change what you will think and do until evening.

The Greek philosopher Plato condemned the invention of writing, which he feared would ruin our memories. How very good their memories must have been can be seen by recalling that we have no texts by Homer: The Iliad and The Odyssey, the first two great works of Western literature, are recorded versions from poets who sang ( D ) were composed.

Still, I'm not about to echo Plato. I spend hours most days in cyberspace, and am grateful for many of its resources; I even click on most of the links I receive from Amnesty International or the activist organization Avaaz, and no longer mind receiving endless mails that thank me for taking action. I am simply suggesting you limit your time in cyberspace, and experience action more significant than making a cursor click. Even a week off the web can work wonders for your imagination and your sense of being in the world. It always leaves me feeling that my brain has been washed clean.

A whole week without the internet?
A month is even better. When I've spoken of the good it's done me, most people have expressed doubts. Nice work if you can get it, but mine depends on the web. So does much of mine. Thankfully, most of us have some form of vacation, but studies show that most of us stay connected even then.

In fact, work often serves as an excuse; these days, you're lucky if only half of the mail you receive is spam. For the rest of it, there are internet cafés most everywhere if you need to send a sign of life to whomever you left behind, but you needn't stay much longer than it takes to drink a coffee.

This usually means simply ignoring the magazines in your inbox that contain the promise of helping you understand something important. How often does that promise turn out to be a false one that keeps you hooked on empty stories of crime and romance? Unless you're the foreign minister of a major country, even real news can go on without you for a while.

And my job? Scientific investigation is hardly required to prove that the web is not only a means to productivity; honest self-examination will do. But scientific investigations do exist.

A recent German study estimated that we waste, on average, two working days each week writing emails that nobody needs; a recent American study concluded that 80 percent of work time spent online is unproductive; and a recent British study estimated the annual cost of web surfing to be billions of pounds. (This is apart from the time spent supporting the billion-dollar industry that's devoted to games.) ( E )

The first cigarette of the day with a cup of strong coffee, the last one of the evening with a glass of red wine; the nervous cigarette before a difficult meeting, the celebratory one when the meeting turns out well. I understand what it's like to be ruled by a habit one knows is no good.

Once again, just for emphasis: I'm not suggesting that we do without the web entirely, just that we refuse to let it rule. You can only find out how much it rules your life if you do without it on occasion.

Doing so will leave your thoughts more focused, and lead you to acknowledge that Jean-Jacques Rousseau's lesson still holds true: less is necessary, and more is possible, than we are ever led to believe.
Adapted from Susan Neiman, Why Grow Up? Subversive Thoughts for an Infantile Age


1 Choose the most suitable pair of words from those below to fill in blank spaces (A) and (B).

(a) accomplishments---self-explanatory
(b) intentions---self-determined
(c) justifications---self-taught
(d) recommendations---self-motivated
(e) simplifications---self-centered


2 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (C).

(a) abandoned quickly
(b) counted accurately
(c) ignored continuously
(d) recommended warmly
(e) repeated frequently


3 Use the six words below to fill in blank space (D) in the best way. Indicate your choices for the second, fourth, and sixth positions.

(a) after
(b) centuries
(c) from
(d) memory
(e) them
(f) they


4 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer does not fully agree with Plato because she

(a) believes that poems are easier to remember than tales.
(b) has doubts about people who neither read nor write.
(c) knows that memories are essential when conducting research.
(d) prefers reading to memorizing when she is in a hurry,
(e) recognizes the value of both writing and memorizing,


5 Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. The writer's statement that "even real news can go on without you for a while” means that

(a) it is mistaken to say that only educated people pay attention to real news.
(b) no one can stay connected 24 hours a day, seven days a week.
(c) our worries over not being connected all the time are unreasonable.
(d) the internet will do you more harm than good unless your job depends on it.
(e) we often find it difficult to distinguish real news from fictional stories.


6 Choose the most suitable order of sentences from those below to fill in blank space (E).

(a) I myself didn't want to quit smoking, and parts of my brain and body still miss what smokers desire.
(b) Let's face it: the claim that we need to stay connected for work is often a poor excuse to satisfy a guilty pleasure.
(c) Yet denying oneself that pleasure often leads to better outcomes.


7. Choose the most suitable answer from those below to complete the following sentence. According to the writer, we admit Rousseau's lesson to be true when we

(a) accept what others believe to be true.
(b) choose to have less instead of more,
(c) do less thinking and more acting.
(d) lose control over other people's lives.
(e) take little pleasure in what we do.

早稲田政治経済 2018問題3 解答


解答
1 d
2 e
3 c-a-f
4 e
5 c
6 b-c-a
7 b

早稲田政治経済 2018問題3 解説


解説

【問題について】
3 them from memory after centuries they

6 まずは Yet に注目するとゲームの満足の話題がつながります。そして後に続く文章にタバコの話題があるので、タバコの話題を最後に置きます。


【文章について】
インターネットとスマートフォンが定着した社会で、情報とどのように付き合うべきかを考察しています。筆者は哲学者で、プラトンやモンテスキューからの引用があります。政治経済学部ではなく、リベラルアーツ分野からの出題です。

早稲田政治経済 2018問題3 全訳


全訳

私たちがインターネットが何であるかを知っているとは、私は確信していない。なぜなら私たちがそれを把握したと思うたびに、新しい機能が現れて、想像以上にその可能性を広げるからだ。しかし、それが何であれ、薬物とアルコールが中毒につながる可能性があるように、それは確かに中毒の原因だ。その用語自体は魅力的だ。「サイバースペース」は遠く離れた場所を示唆し、「サーフィン」は海に乗ることができる人の技術と優雅さを思い起こさせる。

しかし、私はインターネットは行動を求める人間へもっとも魅力を訴えると信じている。小さな子供が鳩に餌を与える瞬間の顔の喜びは、何かを起こして世界に影響を与えることの興奮だ。あなたがウェブを読むとき、あなたは著者のおすすめの場所に止まっていない。いつでもクリックしようと決断できて、繰り返しクリックできる。その行動は楽しいと感じられるが、強い刺激もあり、実際の行為との関係では、ファストフードとよく調理された温かいシチューとの関係と変わらない。

なぜならユーザーの行為はあるが、自分の意欲はより少ないからだ。オンラインでいることが私たちの日々の時間を奪っていることに、私たちはもはや気付かない。私たちを別の方向へ流していくニュースを待ち、広告やメールにしか対応できないのならば。

ニコラス・カーは次のように説明する。私たちが読者としてリンクを見つけたときは、少なくともほんの一瞬は止まらなくてはならず、クリックするかどうかを脳に評価させなくてはならない。読書から判断へ、私たちの精神的な資源の方向転換は、脳はすばやいので私たちに意識されないかもしれないが、頻繁に繰り返されるときには特に、理解と記憶を妨げることが示されている。

もちろん、昔の文字書体や偶然の出会によっても影響を受ける可能性はあるが、電子通信の速度と量は、他人からの要求に対して、私たちを遥かに脆弱な状態にする。ウェブから離れた1日でさえ、このことを明らかにする。午前中に起きて、夕方まで、あなたが思うことや行動することを変えてしまうかもしれない連絡を、期待したり恐れたりしないで、あなたの時間を計画してみなさい。

ギリシャの哲学者プラトンは、私たちの記憶力を破滅させる恐れのある書き言葉の発明を、非難した。私たちはホメロスのの書いた書物がないことを思い出すことで、彼らの記憶力がどれほど良いものであったのかを、知ることができる。西洋文学の最初の2つの偉大な作品であるイリヤスとオデッセイアは、それが構成されてから何世紀も後に、詩人が記憶にもとづいて歌ったものの記録版だ。

それでも、私はプラトンを反復するつもりはない。私はサイバースペースで1日のほとんどの時間を費やしていて、多くの資源に感謝している。私はアムネスティ・インターナショナルや活動家組織アバズから受け取ったほとんどのリンクをクリックさえして、私の行動へ感謝する無限のメールは受信することを、もう気にしなくてもよい。私はただ単純に、サイバースペースでの時間を制限し、カーソルをクリックするよりも重要な行動を体験することを提案しているだけだ。ウェブから離れて1週間でさえも、あなたの想像力と世界に存在する感覚の驚異を、働かせることができる。それは私の脳がきれいに洗浄されたという感覚を、私に味わせてくれる。

インターネットなしで丸1週間。1ヶ月ならさらに良い。それが私にしてくれた良さを話したとき、ほとんどの人は疑念を表明している。あなたがそれを得ることができれば素晴らしいが、私の場合はウェブに依存する。私だって多くはそうだ。ありがたいことに、私たちのほとんどは、何らかの形で長期休暇を取るが、調査によれば、その時でさえ、ほとんどの人がウェブとつながったままでいるようだ。

実際、仕事はしばしば言い訳になる。今日では、受信したメールの半分しかスパムがない場合は、運が良いことになる。それ以外のスパムではない場合は、もしあなたが残してきた誰かへ生存の合図を送る必要がある場合は、ほとんどの場所にインターネットカフェがあるが、あなたコーヒーを飲むよりもさらに長く滞在する必要はない。

これは、通常、何か大事なことの理解を手助けするという約束が含まれる受信トレイ内の雑誌を、無視することを意味する。その約束が、あなたを犯罪と恋愛の空虚な話に夢中にさせるためのものと判明することは、どれくらいの割合だろうか。あなたが主要国の外務大臣でなければ、真実のニュースでさえ、あなたがいなくてもしばらくは流れ続けることができる。

それでは私の仕事はどうか?ウェブだけが生産性向上のための手段でないと証明するために、科学的な調査はほとんど必要ではない。誠実な自己検査で十分だ。しかし、科学的調査は存在する。最近のドイツの調査の見積りでは、平均で、週に2営業日は、私たちは誰も読まないメールを書くことに費やす。最近のアメリカの研究では、オンラインで費やされた作業時間の80%が非生産的だと結論づけられた。最近の英国の調査では、ウェブサーフィンの年間コストは数10億ポンドと推定している。(これは、ゲームに捧げられた10億ドル産業を支えるために費やされている時間とは別のものだ)

それと向き合ってみよう。私たちが仕事のためにウェブとつながっていなければいけないという主張は、しばしば悪い快感を満たすための言い訳だ。同時に、快感がしばしばよりよい成果に結びつくことを否定する。私自身は喫煙をやめたくないし、私の脳や体の一部は喫煙者が望むものをまだ欲しがっている。

1日の最初のタバコは1杯の濃いコーヒーとともに、夜の最後は赤ワインの1杯とともに、困難な会議の前での神経質なタバコ、会議がうまくいくときの祝いのタバコ。自分が良くないと知っている習慣に支配されることがどのようなものなのか、私は理解している。

もう一度、力説しておく。ウェブをまったく使わないで、私たちがうまくいくとは提案していない。ただその支配に甘んじることを拒否する。もしあなたがウェブなしでもときどきうまく過ごすのならば、ただそれがどれくらいあなたの生活を支配しているかを知ることができる。そうすることで、あなたの思考はより集中するようになり、ジャン・ジャック・ルソーの教訓がまだ真実であるとを認めるようになるだろう。私たちが信じているよりも、必要なものは少なく、可能なものは多い。

早稲田政治経済 2018問題4


4 Read this dialogue and answer the questions below.

Kate: Hey, Matt, can I ask you about your vacation plans this year? Daryl and I are gathering information so we can plan our own trip.
Matt: Actually, Tamara and I learned about this great beach resort in the Caribbean-blue sky, white sand, and night life ( A ).
Kate: Sounds like the perfect spot.
Matt: You couldn't ask for better. That reminds me- both you and Daryl like to snorkel, right?
Kate: Yeah, but...
Matt: And I remember that last year you and the Jennings spent the vacation together at that lake in the mountains. Had a great time, too, from what I hear,
Kate:( B ) But we hadn't planned on it. We just happened to meet them there and ended up matching our schedule to theirs. Spent the entire week doing exactly the same things.
Matt: The resort I mentioned has these private cabins just for couples. Since you're looking for a good vacation spot, how about joining us? The more the merrier, right?
Kate: Um, well...
Matt: Just think of ( C ) together. It'd be just like with the Jennings! What do you say?
Kate: Thanks, but that's not exactly ( D ). To tell the truth, I was only asking because this year we wanted to go somewhere we won't meet anyone we know.



1 Use the six words below to fill in blank space (A) in the best way. Indicate your choices for the second, fourth, and sixth positions.

(a) earth
(b) like
(c) no
(d) on
(e) other
(f) place


2 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (B).

(a) All the best.
(b) For the moment.
(c) Hardly likely.
(d) Tough luck.
(e) True enough.


3 Use the six words below to fill in blank space (C) in the best way. Indicate your choices for the second, fourth, and sixth positions.

(a) could
(b) fun
(c) great
(d) have
(e) the
(f) we


4 Choose the most suitable answer from those below to fill in blank space (D).

(a) what we had in mind
(b) when we found the time
(c) where we came from
(d) who we bumped into
(e) why we took the chance

早稲田政治経済 2018問題4 解答


解答
1 c-f-a
2 e
3 c-f-d
4 a

早稲田政治経済 2018問題4 解説


解説
1 like no other place on earth が正解になります。 on earth で「地球上で」という熟語になります。

2 Kate は Jennings と過ごしたことを認めているので True enough が正解になります。

3 適語補充の前に of があるので名詞句の the great fun を先頭に置きます。

4 what we had in mind で「私たちが胸に思っていたこと」になります。



【重要表現】
true enough 確かにそうです
the more the merrier 多ければそれだけ楽しい
has in mind 胸に思っている

早稲田政治経済 2018問題4 全訳


全訳

ケイト:あら、マット、今年のあなたの休暇計画について聞かせてもらえる?自分たちの旅行の計画ができるように、ダリルと私は情報を集めている。
マット:実は、タマラと僕は、この素晴らしいビーチリゾートについて知った。カリブ海の青空、白い砂浜、そして夜遊びは、地球のどこにも同じものがない。
ケイト:完璧な場所に聞こえる。
マット:これよりも素晴らしいものは望めない。それは私に、あなたとダリルの両方がシュノーケルが好きだと、思い起こさせる。そうだね?
ケイト:うん、でも...。
マット:そして、昨年、あなたとジェニングスは山の中のその湖で一緒に休暇を過ごしたことを覚えている。聞いたところ、素晴らしい時間を過ごした。
ケイト:当たっている。でも、私たちはそれを計画していなかった。私たちはちょうどそこで会って、私たちのスケジュールを合わせることになった。丸1週間をまったく同じことをするのに費やした。
マット:私が言った観光地は、恋人専用の部屋がある。あなたが良い休暇の場所を探しているのなら、私たちと一緒にいかが?人数が増えれば、それだけより楽しくなる、そうだね?
ケイト:ええ、まあ...
マット:私たちが一緒に味わえる素敵な楽しみを考えてみて。ジェニングスと同じようなものだよ!あなたはどう思う?
ケイト:ありがとう。でも、それは私たちが心に留めていたものではない。実は、今年は私たちが知っている誰かに会わないどこかに行きたいと思っていたので、私は調べていただけだ。

早稲田政治経済 2018問題5


5 Read the statement below and write a paragraph giving at least two reasons why you agree or disagree with it. Write your answer in English in the space provided on your written answer sheet. (It is suggested that you spend no more than 15 minutes on this section.)

"A law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions in the government and major corporations."

早稲田政治経済 2018問題5 解答


【解答例1】
I agree with the statement. There are two reasons.
Firstly, it is not fair to women that more men are in key positions than women. Japan already has the Equal Employment Opportunity Act, but it had little effect. We need equal rights for both sexes.
Secondly, if men and women in key positions compete with each other, major corporations can employ them at a lower cost. Reducing labor costs will lead corporations to increasing profit. Also, Government can hire excellent workers.
Thus, the law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions. (98WORDS)


【解答例2】
I do not agree with the statement. There are two reasons.
Firstly, it is not fair to men that women already have preferential treatment outside of the workplace. Family and marriage laws in Japan protect women in terms of economy. We need equal rights for both sexes.
Secondly, turnover rate for women is higher than men. Women leave their jobs on marriage and parenting. They do not return. That makes major corporations and government impossible to recover their investment in human resources. It leads to less profit.
To sum up, the law is not necessary in Japan.(97WORDS)

早稲田政治経済 2018問題5 解説


解説

【自由英作文の型】
自由英作文にはいくつかの型があります。2018年度の早稲田大学の政治経済学部の型は「意見・理由・結論」型です。理由は2つ必要なようです。
いきなり書き始めずに、それぞれの部分に分けて、構成を練っていきましょう。


【意見】
まずは意見をはっきりと述べましょう。

賛成なら:I agree with the statement.
反対なら:I do not agree with the statement.

賛成でも反対でも、どちらの立場を取っても採点には影響がありません。大事なのはしっかりと英作文の構成ができるかどうかです。


【理由】
与えられた題材に対して、理由を述べるために、受験生の知識力が問われます。日頃から政治経済の時事ニュースに敏感でありたいです。

発想のコツとして、政治経済分野では、いかのような基準で、善悪が語られます。

基準1:それは公平かどうか? Is it fair?
基準2:それは生産的か?  Is it productive?
基準3:それは安いか高いか?  Is it cheap or expensive?
基準4:それは比較してどうか? Is it better or worse?


早稲田政治経済学部 英作文対策講座

似ている記事
スポンサーさん