早稲田大学 法学部 傾向対策解答解説 2019

早稲田大学 法学部 傾向対策解答解説 2019

早稲田大学 法学部 傾向対策解答解説 2019

早稲田大学 法学部 傾向対策解答解説 2019


早稲田大学法学部の過去問の解答・解説・全訳です。受験生の入試対策のためにプロ家庭教師が出題傾向を分析します。


【大学】

早稲田大学

【学部】

:法学部

【試験日程】

:02月15日

【試験会場】

:早稲田試験場・西早稲田試験場・戸山試験場から指定される

【募集定員】

:450人

【志願者数】

:7000+名

【試験配点】

:60点/150点満点

【試験時間】

:90分

【検定料金】

:35000円

【必要単語】

:6000+語

【出題形式】

:適語補充+文章理解+英作文(自由英作文)

【解答形式】

:記号選択(マークシート)+記述

【出題分野】

:法学 経済学 データ統計 マーケティング

【試験年度】

:2019年


【英語の試験構成 長文2本+文法3本+英作文2本 独立型】


早稲田大学法学部の英語の試験構成は、伝統的に、独立して技能が評価されます。長文読
解2問+英文法3問+英作文2問(条件英作文1問+自由英作文1問))で安定しています。


【英語の出典 法学+社会制度】


早稲田大学法学部の英語の出典は、法律と社会制度についての文章が大半です。法規制などの理論を探求する文章と、制度運営の実務的な問題に対処する文章が出題されます。法律の基本用語を日本語で理解したら、英語でもどのような用語となっているのか押さえておきたいです。


【自由英作文 50語以上】


早稲田大学法学部の自由英作文は、50語以上の本格的な英作文です。文法力に加えて、構成力が求められます。


【過去問演習は法学部+政治経済学部で】


受験生の過去問演出では、出題形式が似ていますので、法学部と政治経済学部を合わせて演習します。



【プロ家庭教師 法学部対策講座】


早稲田大学法学部への合格対策カリキュラムを、プロ家庭教師に指導依頼できます。




【大問】

2019年 問題

【形式】

: 適語補充+文章理解

【表題】

:平均値の終わり・同質性が評価される世界で成功する方法 The End of Average How We Succeed in a World That Values Sameness.

【作者】

:トッド・ロゼ Todd Rose

【対策】

: 説明文。長文を読み進めながら適語補充し、まとめて内容理解が問われます。大問1と大問2は同じ形式となります。ある論点に対して、異なる視点が次々に紹介され、情報を整理しながら読解する能力が問われています。文章内容は、アメリカ空軍の事故の責任を巡って、どのような視点があるのか紹介していきます。制度の問題と科学の問題を、区別して理解しましょう。

【用語】

: 平均値 理想 航空事故

【目安時間】

: 25分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 適語補充+文章理解

【表題】

: 監獄から脱出する方法 How to Escape from Prison

【作者】

: ソフィー・ブラウン Sophie Brown

【対策】

: 随筆文。長文を読み進めながら適語補充し、まとめて内容理解が問われます。大問1と大問2は同じ形式となります。文章内容は、刑務所の囚人に読書が与える影響を考察した記事です。それぞれの囚人がどのように供述しているかを、丁寧に読み取りましょう。やや口語的な表現があるので、慣れておきたいです。発音アクセントの問題もあります。

【用語】

: 刑務所 更生施設 読書

【目安時間】

: 25分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 適語補充

【表題】

: ー

【作者】

: ー

【対策】

: 誤文指摘。文法の誤りを指摘します。誤りがない文も出題されますので、英文法のていねいな理解が求められます。

【用語】

: 文法 構文 間違い探し

【目安時間】

: 10分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 適語補充

【表題】

: ー

【作者】

: ー

【対策】

: 適語補充。選択肢のうちで当てはまるものと当てはまらないものを、区別します。難易度は易しく、基礎的な文法書でも十分に対応できますので、全問正解が狙えます。

【用語】

: 動詞 前置詞 副詞

【目安時間】

: 5分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 適語補充

【表題】

: ウィリアム・バトラー・イエイツの紹介

【作者】

: ー

【対策】

: 適語補充。文章へ適切な前置詞を補充します。英語における数値の表現をまとめておきたいです。場面は「自己紹介」「伝記」が設定されており、文学者のウィリアム・バトラー・イエイツが登場します。

【用語】

: 数字 年月 前置詞

【目安時間】

: 5分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 条件英作文

【表題】

: 煽られる衝突・現代世界の内戦の重要性 Contested conflicts The importance of civil wars in the modern world

【作者】

: ジェームズ・シーハン James Sheehan

【対策】

: 英作文。問題文が与えられ、その内容の1文(one sentence)で書くことが求められます。和文英訳と自由英作文の中間にある形式です。対策としては、比較や数値の表現を整理しておきたいです。

【用語】

: データ 比較 統計

【目安時間】

: 5分


【大問】

2019年 問題

【形式】

: 自由英作文

【表題】

: 絵画の描写 Depiction of the picture

【作者】

: ー

【対策】

: 自由英作文で、英単語数は1段落(one paragraph)と指示がありますが、これではわかりにくいので、受験生は50単語を目安に執筆しましょう。執筆内容は、いわゆる「絵を見て答える問題」です。文章ではなく、絵やデータを見せて、受験生が感じたことを述べる形式です。対策としてので、自分で執筆したら、添削を受けて、文章力を磨きましょう。また類題として、早稲田政治経済・早稲田国際教養・慶応経済にも、同傾向の自由英作文が出題されています。

【用語】

: 意見 理由 自由英作文

【目安時間】

: 15分

共有です


目次です

---

スポンサーさん

---

似ている記事
スポンサーさん