紀貫之

紀貫之

紀貫之 (きのつらゆき)

紀貫之 (きのつらゆき)


紀貫之 (きのつらゆき) は平安時代の歌人で、古今和歌集を編集しました。
古今和歌集の序文として、仮名序と真名序を執筆し、和歌がどのようなものかを解説しています。

また、国司 (今の県知事) として、土佐 (高知県) に赴任した時には、土佐日記という日記文学も、執筆しています。

漢字と仮名を用いた日本文学の誕生に、紀貫之は大きな影響を与えました。

共有です


目次です

---

スポンサーさん

---

スポンサーさん